2013/11/27

香港・北角の思い出と、めちゃくちゃ美味しい叉焼飯。

<続き>

14時:香港・銅鑼湾の富士大廈141


久々の香港141ですっかり気持ち良くなりました。
気持ち良い、というよりも”出した”だけですが・・・^^


丁度お腹も空いたんで、まりりんの古巣である北角(North Point)へ向かいます。
ここには行きつけの叉焼屋(燒臘店)があるからです!!


そう、香港島・北角は何を隠そう、まりりんが香港留学中に住んでいた街です。


大学の学生寮にも入ることが出来たんだけど、絶対に香港か九龍に住みたい
と思っていたので、大学のある新界までは結構遠かったんですが、
憧れの香港街中ライフを果たすことになった思い出の街なのです。


それが香港好きを加速させたことになりましたし、香港に対する思いを確立させた街です。


ある意味で、まりりんの人生を狂わされた街なんです!


と言っても、留学するまで北角を真面目に歩いたことは無くて、
単に、「香港島だし、銅鑼湾や湾仔に近いし、いっかな♪」くらいの軽い気持ちだったんですが、
結果的に北角に住んで大正解でした。だって北角は、街そのものがかなり楽しい。


北角といえば”春映街”が有名で、トラムが市場の中をゆく光景が見られます。
トラムの北角行きの電車は、本線から離れて春映街に入り、再び銅鑼湾方面に向かいます。
香港のイメージであるトラムと市場と活気を詰め合わせた街が北角です。


その光景に感動し、周辺に広がる香港島にしては物価が安めの多くの市場、
安い燒臘店や飲茶の店、茶餐廰、交通の便も九龍へ行くにも始発の将軍澳線、
フェリーも使え、バスの始発もあって、次に香港に住む時もこの北角に住みたいと思ってます。


観光地では無いし地味だけれども、ローカルな香港って感じで、大好きです。


その北角駅B1出口を出て目の前にある「強記飯店」にイン。
ここ、めっちゃ通ってました。まりりんオススメの店の一つです。
美味い店が多いのも、北角ならでは。いや、香港ならではか・・・笑


香港スタイルの無愛想な店員さんに、


「むごーい、叉焼焼肉飯都加雞蛋!」(ちゃーしゅーしゅーよっふぁん、ど、がーじーだん!)


で、出てくるのがこれです。まさに絶品!
香港で一番おいしいモノは何?って聞かれたら間違えなくこれを答えます。
香港マイB級グルメの王者です。今朝の雲呑撈麺はこの次かな。


脂の乗った叉焼、絶妙なマスタード、その上に卵を垂らして食べるなんて、ヨダレが出ます。
これが日本で食べられないなんて、雲呑撈麺と併せて毎日気が狂いそうです。


せっかくなんでここの店だけでなく、ハシゴしようと思ったけど、
今晩のディナーは北京ダッグなので、自粛です^^;;


さて、これから北角にある香港141へレッツゴーです!!

<続く>

0 件のコメント :

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...