ジャカルタ最高級サウナの1001へ!<その2>

<つづき>

2018年1月**日17時:ジャカルタ・スカルノハッタ国際空港


NH855便は定刻通りジャカルタ・スカルノハッタ国際空港に到着です。


足早にイミグレへと向かいますが、意外や意外、あんまり混んでいません。
ジャカルタのイミグレは良い噂聞かないのですが、2回目の今回も順調に通過です。


ところが隣の”ジャカルタ在住者レーン”は外国人もジャカルタ在住者であれば、
使わなければならないレーンになり、駐在員の日本人で溢れていました。
ビジネスクラスでお寛ぎになっていた子供たちも、パパに連れられ並んでいます。


我ら日本人男性二人、隣の駐在員日本人らが並ぶレーンから見れば、

「あいつら男二人で何しにジャカルタ来てるんや?観光レーンに並んで。」

「ママ、なんであの人たち男二人でジャカルタに来てるの?」

「○×君、そっち見ちゃダメ。
将来はジャカルタに夜遊びに来るような情けない大人になっちゃダメだからね!」

とビジネスクラスのお子様からも後ろ指差されそうですが、
そんな視線を交わすように早々と通過です。


さて、建物から出てすぐ右側にブルーバードの待合チケットが鎮座しておりますので、
そちらを取ってタクシーの順番を待ちますが、かなり混んでいる・・・。


もちろん番号呼ばれるまで待っていても良いんですが、
早くジャカルタのエロサウナに行きたい我ら一行はシルバーバードへ。


こちらはベンツ等の高級車がタクシーに使われているという事もあり、
ブルーバードより若干割高なのですが、その為誰も待っている人はいません。


目的地はジャカルタ中心部に程近いクニンガンにある
”JWマリオットホテル・ジャカルタ”です。


「瀬戸君、ジャカルタ着いたぜ。これからホテル向かうけど、
待ってブルーバードか、割増払ってシルバーバード、どっちのタクシーがいいかな??」


「お疲れ様です!えー、安全さはブルーバードもシルバーバードも変わりません。
どちらも安心して使えます!逆に言えばそれ以外は使わないで下さいね。」


ちなみに青タクシーで一見ブルーバード風のタクシーもありますが、
何れもブルーバードを真似たタクシーなので客引きに勧められても
乗らないようにご注意下さい!


「ところで値段ですが、クニンガンにあるマリオットならブルーバードは
20~30万ルピア、シルバーでも40万ルピアはしないと思います。」


2000円~4000円といったところ。
海外でのタクシー選びは安全さが最優先、次に時間が有効活用出来る事、最後に金です。たかが数千円ケチることによって安全や時間が失われる可能性もある中で、
その値段差なんて誤差の範囲、微々たるものです。


海外夜遊びにおいて、タクシーだけではなくホテルやレストラン、
女の子選びまでも数百円、数千円をケチる事に命かけてる人も居ますが、
まりりんはちょっと理解できません。


何も無駄遣いしろと言うわけではないですが、安物買いの銭失い、
結局事故って高く付くことも多いように思います。
日本のように安くても質が良いものを!という要求は中々厳しいものです。


そんなシルバータクシーは安全安心快適。


「JWマリオットホテルまでね!」


「はい、かしこまりました。サー!」


タクシーは何も問題なく、道は懸念された渋滞も無く、
ジャカルタの都心環状線を外側に進むと空港から30分強で到着です。


2018年1月**日17時:ジャカルタ・JWマリオットホテルジャカルタ


「ありがとうございました。サー!」


金額は32万ルピア、3000円程でした。


さて、ホテルエントランスに入る厳重な警備を通り抜け
”JWマリオットホテル・ジャカルタ”へチェックイン。


「まりりん様、ようこそジャカルタへ!
マリオットゴールド会員様でいらっしゃいますね、
クラブフロアへアップグレード致しました。サー!」


可愛いおねーちゃんが迎えてくれ、丁寧に対応、
毎回のアップグレードにエレベーター前まで付き添って案内してくれるなど、
マリオットゴールドの凄さはやはり海外で強く感じますね。


クラブフロア・ラウンジは32階です。


部屋に着き、32階の部屋からジャカルタ市内を眺めていた所で瀬戸君から一報あり、


「まりりんさん、ホテル着きましたよ!もうホテルにいらっしゃいますか?」


「うん、これからロビー行くから待ってて!!」


最後に会ったのはここジャカルタで去年の7月、約半年の再会です。


「おー、まりりんさんと番長さん!お久しぶりです。
長旅お疲れ様でした。さてさて、早速どちらに行かれますか?」


どちらに行くって、行くところは一つしかないじゃない(笑)


「そうでしたね。経理には連絡してあります。早速向かいましょうか!」


ホテルからタクシーに乗り、目指すは”1001”です。


「じゃあ、運転手さん。ジャカルタコタの1001、セリブ・サトへ!」


またまた運ちゃんの、


「おまえら、ジャカルタ来てエロしに行くのか。本当にスケベだな!」


的な顔されますが、余計な詮索しないのがジャカルタの運ちゃんの良い所です。


ジャカルタ中心部を突き抜け北のジャカルタコタへ。


途中渋滞もあり30分弱程掛かってしまいましたが、
無事に本日目的の場所”1001”へ到着です!


2018年1月**日19時:ジャカルタ・1001サウナ


ロビーに着くと、既にエロいムードとイヤらしい香りが漂っています。


一応ホテルという事になっていますが、普通のホテルじゃあ無いことは明白です。


「いらっしゃいませ。サウナ?ですよね。サウナは3階ですのでこちらへ!」


さて、半年ぶりの1001サウナ。


アレクシス無き後はジャカルタきっての最高級サウナになるわけですが、
可愛い女の子が溢れ天国なのか、それともアレクシスの摘発もあり自粛しているのか、
不安を抱えながらも、既に股間はモナスタワー!期待に溢れ1001へインします。

<つづく>

にほんブログ村 大人の生活ブログ 中国・中華圏ナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
↓Twitterフォローお願いします↓

2 件のコメント :

  1. "ジャカルタ中心部に程近いクニンガン"
    ↑2文字目と3文字目を入れ替えて読んでしまいましたw
    アレクシスの色んな噂がありますが、サウナが増えることを祈ってます。

    返信削除
    返信
    1. かなり重症ですね!(笑) という私もそんな冗談を何度も言ったことか。
      ジャカルタも変わる前にしっかり遊びつくしたいですね~。

      削除

人気記事

  • <続き> 21時30分:林森北路・民生東路のHSBC付近。 この付近を中心に、やり手ババアや、エロ名刺を配る輩がおります。 しばらくウロウロしたけど、昨晩のやり手ババアは見当たらず。 若干本気と若干冷やかしのつもりで、歩きます。 「おにーさん、可愛い...

  • <続き> やり手ババアに連れられて、林森北路から 台北國宣大飯店 へイン。 既に怪しさがプンプンします。 「ここの2階に部屋取ってるから、そこに行こう。」 もうここまで来たら徹底的に調査してやりますか。 本来の顔見せ場である地下の食堂から 「可...

  • <つづき> 2018年2月*日17時:タイ・ラチャダー・ポセイドン 訪タイ十数回のまりりんですが、遊び方はパターン化しています。 ホテルはスクーンビット界隈に泊まり、昼過ぎまでダラダラ。 昼飯食ってラチャダーの風呂屋へ向かいたいていはナタリー...

  • <つづき> 2017年7月**日16時:ジャカルタ・1001(Seribu Satu Hotel)スパ ジャカルタでも華僑が多く住むという北ジャカルタ、 ジャカルタの上野駅、ジャカルタコタ駅から徒歩10分もかからぬ所に位置する、 白亜の宮殿、 1001(Seribu...

  • <続き> 2013年10月*日:香港・ 旺角 香港・九龍随一の繁華街、旺角で雑用を済ませます。 ちなみに、まりりんが旺角に行ったら大体行くところは、 ・信和中心(ニセモノのDVD・CD、掘り出し物のグッズを漁りに) ・先達広場(ケータイ、ケータイカバーなどが...

  • <つづき> 2018年1月**日23時:ジャカル タ・クラシックホテル 瀬戸君に連れられやってきたのはジャカルタ・ クラシックホテル 。 エロいクラブがあるという事で、ホテルトラベルと似たようなところだそうな。 厳重に警備された入口を潜ると、先程高級ホテル...

  • <つづき> 2018年2月*日27時:タイ・ トンロー・ マリオットホテル 昨晩はソイカのシャークでサクっとロングでペイバー。 アジアンビューティーで笑顔が可愛い女の子と昨晩は2戦交え、 朝には3戦目か、と性欲絶える事無きと思っていました。 しかし、ポセ...

  • <つづき> 2018年1月**日10時: ジャカルタ・ JWマリオットホテルジャカルタ 昨晩は到着一日目にも関わらず精力的に遊びました! 但し流暢に構えている暇は無く、社畜サラリーマンに時間的な余裕はありません。 今日はジャカルタ中日、けれども明日は...

Labels