最近のテーメーカフェ状況<その9>

<つづき>

2018年2月3連休22時:タイ・スクーンビット・テーメーカーフェ


ナナから隣駅アソークにあるソイカウボーイを目指します。
そこでスクーンビット沿道にあり丁度両駅の中間地点にある、
通称”援助交際カフェ”である”テーメーカフェ”へ立ち寄ります。


店内に入る前から、店の前はかなり熱気がプンプンしてますね。


「おー、噂のテーメーカーフェってココじゃん!とりあえず行こうぜ!」


見かけは大学生で、初バンコクのツーリストでしょうか。
まりりんも大学生の時にバンコクに行った頃が懐かしい。



「うわ、マジで人多過ぎ!」


そんな声が第一声で出てしまうほど、
相変わらず店内はコンイープン(日本人)で凄い賑わいです。


「さ、入ったら飲み物買ってね。」


テーメーカフェ―のスタッフは失礼ながらタイ人とは思えぬほどの手捌きで、
「絶対にタダ入店では許さないぞ!」って感じですので、
高いものでもない、必ず飲み物一杯は買いましょう。
未来永劫存在しなければならないテーメーカフェの為です!


さて、店内は数えきれない程の女の子が並び、
店内を左回りでひたすら攻めるコンイープン連中。


まりりんもゾロゾロ行列に着いて行きながら一周します。


ここ、初めて来たのはもう随分前のような気がしますが、
今でもいるのね、この有名な名物ババア・・・。あの金髪娘・・・。
っていう何度も見る大物も居るので、決して素人ではないですね、テーメーカフェ。


もちろん一周すれば「あ~、ピックして一発ヤりたいな!」
って子もいなくは無いですが、ここはあえて見学に徹します。
まりりんと歳も変わらぬ同志が(それも大して可愛くも無い子)を
「ハウ、マッチ?」と口説いてるのが結構楽しいんですよね(笑)


まぁそれは冗談としても、
人が多過ぎてゆっくり出来ないのはそもそも好きではありません。
テーメーの席に座って1時間も2時間もグダるコンイープン親父は多いですが、
まりりんにはちょっと理解出来ないですね。


とは言え、ここテーメーカフェでピックした事も何度かありますので、
ご興味があれば下記を併せてご覧下さい。
→初テーメーカフェ、やはり素人系は最高です。


今回もそこそこ揃っているような印象です。
ただやはり声、掛けずらい雰囲気ですよね~ここは。


「ハウマッチ?ショート、2000バーツ、オッケー?」


そんな声が聞こえてきますが、カウンターオファーは3000バーツ。
テーメーカフェと言えば2000バーツというイメージですが、
いつの間にか相場が上がったのでしょうか。それともたまたまでしょうか。
ショートで3000バーツはちょっと割高ですね。


さて、そんなテーメー内を一周パトロールし、
その雰囲気を味わうだけでとりあえず満足です!!


ソイカまであと一歩、アソーク交差点にある大きな広告に目が行ってしまいましたが、
「あ、今日のエマニュエルの子だ!」と思わずパシャリ。
やっぱり似てる、というかそっくり!


さて、そんな事を思いつつ左へ曲がりソイカウボーイへ。


2018年2月3連休22時30分:タイ・スクーンビット・ソイカ


アソーク駅から北の方向に、角を左に曲がるとソイカウボーイの入り口です。


まさに”エンターテイメント”のビルに入居する集合体であるナナとは違い、
道沿いにゴーゴーひしめくこのソイカのスタイルも素晴らしい。


昨日のシャークと日本人多過ぎのバカラを避け、
まず入ったのは”ソイカウボーイ2”です。



客引きの女の子が可愛かったので軽い気持ちで入りましたが、
このソイカウボーイ2でまりりん、思いっきりヤられてしまいました。。。

<つづく>

にほんブログ村 大人の生活ブログ 中国・中華圏ナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
↓Twitterフォローお願いします↓

0 件のコメント :

コメントを投稿

人気記事

  • <続き> 21時30分:林森北路・民生東路のHSBC付近。 この付近を中心に、やり手ババアや、エロ名刺を配る輩がおります。 しばらくウロウロしたけど、昨晩のやり手ババアは見当たらず。 若干本気と若干冷やかしのつもりで、歩きます。 「おにーさん、可愛い...

  • <つづき> 2018年2月*日17時:タイ・ラチャダー・ポセイドン 訪タイ十数回のまりりんですが、遊び方はパターン化しています。 ホテルはスクーンビット界隈に泊まり、昼過ぎまでダラダラ。 昼飯食ってラチャダーの風呂屋へ向かいたいていはナタリー...

  • <つづき> 2018年2月*日27時:タイ・ トンロー・ マリオットホテル 昨晩はソイカのシャークでサクっとロングでペイバー。 アジアンビューティーで笑顔が可愛い女の子と昨晩は2戦交え、 朝には3戦目か、と性欲絶える事無きと思っていました。 しかし、ポセ...

  • <続き> やり手ババアに連れられて、林森北路から 台北國宣大飯店 へイン。 既に怪しさがプンプンします。 「ここの2階に部屋取ってるから、そこに行こう。」 もうここまで来たら徹底的に調査してやりますか。 本来の顔見せ場である地下の食堂から 「可...

  • <つづき> 2017年10月**日22時: 極品 桑拿 (澳門英皇娯楽酒店 18階) さて、極品サウナのソファーでゆっくりしこれから品定めを行うまりりんとT君。 このサウナのソファーでのんびりしながら、タダジュースとタダ飯を食いつつ、 だらだら過ごす非日常感が...

  • <つづき> 2017年7月**日16時:ジャカルタ・1001(Seribu Satu Hotel)スパ ジャカルタでも華僑が多く住むという北ジャカルタ、 ジャカルタの上野駅、ジャカルタコタ駅から徒歩10分もかからぬ所に位置する、 白亜の宮殿、 1001(Seribu...

  • <つづき> 2018年1月**日21時30分:ジャカルタ・Pondok Laguna 本日、ジャカルタ到着初日なり。 JWマリオットホテルジャカルタ へチェックイン後、 直ぐに向かったのはアレクシス無き後の最高級サウナ、1001。 ここでは至ってノーマ...

  • <つづき> 2018年1月**日23時:ジャカル タ・クラシックホテル 瀬戸君に連れられやってきたのはジャカルタ・ クラシックホテル 。 エロいクラブがあるという事で、ホテルトラベルと似たようなところだそうな。 厳重に警備された入口を潜ると、先程高級ホテル...

Labels