深セン羅湖の鳳凰サウナでマッサージ。その2

<続き>

2014年6月某日15時:深セン、羅湖、鳳凰酒店サウナ。


「ニーハオ!」


明るく従業員の方が迎えてくれます。


前回の老地方よりも小さく、また古い印象ですが、特に気になる点はなし!


お風呂があれば良かったけど、どうせ湯船は汚いだろうから、シャワーで十分か・・・。


シャワーを浴び、休憩室で少しのんびりすると、すぐにムラムラしてきます。


「そうそう、この250元あるでしょ。これがエロいやつだよ^^」


さすが、すかさずT君からのエロフォロー。


そして、先ほどから休憩室を行き交う、どう見てもエロエロなおねえさんの制服に興奮です。


「ねぇー!まさかあの子たちとヤれるの??」


「もちろん!!でも、打飛機(ヲナニー)だけだからね。
さすがに深センは厳しくて、最後まではなかなかね。」


最後までヤれると思い込んでいたので、少々落ち込みますが、
それでも250元ほどで、イチャイチャして抜いてもらえるなら安いか。


早速、従業員の方に引かれて個室へ。


小綺麗な個室で、ベッドではなく床にマットがひいてある。
なんだか、日本式の個室って感じがします。


「ニーハオ!!」


ここは、T君と一緒に女の子を選びます。


女の子は5人ほど。どの子も悪くは無いけど、飛びぬけて可愛いのもいない。


マカオのサウナのように、一回のプレイ代が高額で、
どうにも失敗したくない時はかなり慎重に選びますが、
たかが250元ですから正直、一定のレベル超えてれば誰でも構いません。


「俺はこの子にするよ~、じゃあまたあとでね!」


T君はすぐに選んで、女の子と個室へ。さすが即決の男。


僕は、やっぱり慎重になってしまう。いや、誰でも構わないとは言いつつも・・・。


「ごめんなさい。チェンジで!」


そういうと、従業員の方はいやな顔せず次の女の子を呼んでくれます。


次に来た子は3人ほど。普通のレベルで可もなく不可もなく。


但し、一人結構なスタイルで巨乳ちゃんがいたので、この子を指名です!


23歳、湖南省出身、淡○ちゃん。


「ニーハオ。韓国人?日本人?」


そういって、個室で二人っきりになるといきなりの濃厚な感じです。


僕は濃厚なのが大好きなので、こういう密着感良いですね。


さっそく、お乳を揉ませて頂いて、マッサージへ。


まずは全身マッサージです。
背中、腰、足と行き、やがて仰向けへ。


そういえば、最近のニュースで深センのマッサージにおいて、
女の子技師が客の首を伸ばした際に、ヤバい神経を伸ばして、
そのまま病院送り、意識戻らずってニュースがありました。


冗談じゃありません。ここで意識戻らずでは、末代まで恥になります。


なので、この手のマッサージでは、
マッサージの効果を期待するのではなく、前儀と考えるべきですね。


また、意識が戻らなくなるような過度なマッサージは控えてもらうべき!!


ただし、過度な愚息マッサージには期待してしまいます。


女の子はまりりんの愚息をつかみ、やがて服を脱いで特別サービスへ。


<続く>

2 件のコメント :

  1. まりりんさん。お久しぶりです!深センネタ毎回楽しませて頂いてます。私みたいな広東語も中国語も話せない素人にはハードルが高いので、まりりんさんの情報が貴重な情報源ですが、首のマッサージにはご注意ください。私もその記事読んで、ちょっとマッサージが怖くなりましたので。

    返信削除
  2. まぴ様

    お久しぶりです。ご返事が遅くなり申し訳ございません。
    深圳情報、需要ありますかね??笑

    そう言われると非常に嬉しいですので、今後とも穴場を発掘してゆきます^^
    首マッサージはやばいですね!!できることなら、辞めてもらうほうがいいかも・・・。

    返信削除

人気記事

  • <つづき> 2018年2月*日17時:タイ・ラチャダー・ポセイドン 訪タイ十数回のまりりんですが、遊び方はパターン化しています。 ホテルはスクーンビット界隈に泊まり、昼過ぎまでダラダラ。 昼飯食ってラチャダーの風呂屋へ向かいたいていはナタリー...

  • <つづき> 2017年7月**日22時:ジャカルタ・カフェバタビア 性地アレクシスを後にし、アレクシスからも程近い、 ジャカルタ・コタ地区でも中心的な存在になるファタヒラ広場の角、 オランダ植民地を彷彿とさせる 「カフェバタビア」 にて ビールとインドネシア料理...

  • <つづき> 2018年1月**日17時:ジャカルタ・スカルノハッタ国際空港 NH855便は定刻通りジャカルタ・スカルノハッタ国際空港に到着です。 足早にイミグレへと向かいますが、意外や意外、あんまり混んでいません。 ジャカルタのイミグレは良い噂聞かないのですが...

  • <つづき> 2018年1月**日21時30分:ジャカルタ・Pondok Laguna 本日、ジャカルタ到着初日なり。 JWマリオットホテルジャカルタ へチェックイン後、 直ぐに向かったのはアレクシス無き後の最高級サウナ、1001。 ここでは至ってノーマ...

  • <つづき> 2018年1月**日23時:ジャカル タ・クラシックホテル 瀬戸君に連れられやってきたのはジャカルタ・ クラシックホテル 。 エロいクラブがあるという事で、ホテルトラベルと似たようなところだそうな。 厳重に警備された入口を潜ると、先程高級ホテル...

  • <つづき> 2018年2月3連休:タイ国際航空 TG641便バンコク行き 3連休のバンコク行きは大勢の日本人観光客で満席です。 「ねぇ、ゾウさんに乗りたい!」 とか、一体何のゾウさんに乗りたいんだか。 たいていは ”るるぶ” なんか見ながら、はしゃいでるカ...

  • <つづき> 2017年7月**日23時:ジャカルタ・ホテルトラベル まりりん、ジャカルタきっての低コストハイクオリティーなお遊びが出来るという、 日本人御用達でもある 「ホテルトラベル」 で4pをチョイス。 人生初めての4pに期待と興奮でいっぱいですが、 ...

  • <つづき> 2018年1月**日10時: ジャカルタ・ JWマリオットホテルジャカルタ 昨晩は到着一日目にも関わらず精力的に遊びました! 但し流暢に構えている暇は無く、社畜サラリーマンに時間的な余裕はありません。 今日はジャカルタ中日、けれども明日は...

Labels