2014/04/17

中国のエロ事情、アジアの最新夜遊び場は・・・。

<続き>

4月某日19時:東京某所。



アングラライターさん「まりりんさんですか??●○です。宜しくお願いします。」


まりりん「はじめまして、まりりんです。宜しくお願いします!」


まりりんは非常に緊張しますが、とても話しやすい方で、良かった!!
こんなに緊張しては、QQの女の子と対面できません^^;


早速、お店へ。中国東北料理です。
お店はかなり混んでいるものの、ちょうど席が空いていました。


アングラライターさんについて、或いは私についても色々とお話させて頂きました。


そして、早速本題へ入ります。


中国の夜遊び事情に今について・・・


「●○さんから見て、今後の夜の中国はどうなりそうですか??
また、今回の大摘発の裏側をご教授頂ければ・・・。」


「今回の摘発は、元政治局常務委員、また公安のボスである周永康を
追放するための一環だろうと言われていますね。
周永康と習近平は非常に仲が悪く、習近平が周永康の利権
(=公安の利権≒エロ利権)を一切排除するために
行われた可能性が高いのではないでしょうか。」


「なるほど・・・(政治的な話は面白いが難しい。)」



「なので、東莞だけでなく、中国全土で周永康の公安利権・・・もといエロ利権を
排除する動きが続いています。利権奪取ですね。」


「中国全土で行われているんですか?!」


「この前、西北部のある田舎に行ってきたんですが、
そんな田舎でも、夜遊びは完全に無くなっていました。
中国はどこの田舎でもエロ産業がありますが、ここまで影響が及んでいるとは・・・。」


「権力闘争とは怖いもので・・・
それにしても、周永康は夜に寛容で良い公安のボスだったんですね。笑」


「周永康自身、かなりの女好きであったという専らの噂です。
愛人を何人も囲って、一時は薄熙来(元重慶市書記、今は追放された)と
愛人を交換していたということもあるとか無いとか・・・。」


「薄熙来と仲が良かった関係で、周永康は薄熙来の追放に
関しては薄熙来の肩を持ったんですね。」



つまりは、薄熙来とANA兄弟なわけだ。そこには堅い友情があるはず。笑



「とにかく、習近平自身も、周永康を追い詰めないと
自分が危ないということもあり、今回は本気です。」


「政治的な問題で楽園がつぶされるなんて、なんだか良い迷惑ですね^^」


「特に広東は周の影響下にあると言われており、取り締まりが厳しいんですよ。
下川島なんかもダメじゃないですかね~。行ってはないですけど。」


「それは残念・・・。」



「ただ、中国各地で温度差はあると思いますよ。既に習の影響下にある地域、
例えば福建なんかは習が長く居座ってたので、自粛の必要は低いわけで・・・。」


「そう言えば、掲示板で広東から福建に女の子が流れているというのを見たような。」


「あと、深圳は元々習ファミリーの影響が強い街なので、
今回の摘発もやや弱いと思います。習の父親の隠居場所は深圳でしたし。」


「それは、暗い中でも良いニュースですね!」





「ただ経済成長を通じて社会が垢抜けたら風俗が潰されるのは
過去の台湾とか韓国とか香港でもそうだったので、
中国でも今後は傾向として夜が縮小していくのは間違いないでしょう。」


「何と悲しい・・・。経済成長に伴うものですから、仕方ないですけどね。」


「例えば、私は前職で広東省近辺への出張が多かったのですが、
その時の現地は色々とカオスでした。笑 深圳も東莞も広州郊外も。
例えば交番のすぐ近くに堂々と散髪屋(そういうお店)があったり、
闇両替も多かったし、治安も悪かった。」


「ちょっと昔の深圳はエロも寛容、でも治安もめちゃくちゃ悪くて、
拉致されて臓器を売られるということが多くあった噂は香港人に聞きました。笑」



「昔は本当にカオスでしたよ。何でもアリ!
ただ、今の現地からはそういうカオスさがどんどん減っていて、
普通の都市になりつつありますね。最後のカオスの砦だった東莞も壊滅ですし。
そういうことが、経済成長に伴い中国全土で進んでますね。」


「ほう・・・。良いことではあるけど、夜遊び大好きなまりりんとしては困る。笑」


「もちろん、今回の摘発は習と周の公安利権争奪に伴うものですが、
そもそもとして、社会が発展するとそういうものは淘汰されていきますよね。」


「中国も普通の国になるんですね・・・。残念!」


このような話題以外にも、様々お話させて頂きました。


結局、3時間くらい食事をさせて頂き、まりりん非常に勉強になりました・・・。


まりりんは今後、香港でサラリーとして働くわけですが、その片手間でも、
中国を勉強して、中国のウォッチャーになれるようになりたいと思いました。笑
まぁ、夜の為ですが・・・(とはいえ、元々中国自体にかなり興味は有り。


「アングラライターさん!今日はありがとうございました。
また、これを機に、これからもよろしくお願いします。」


「ぜひ香港に住まわれたら、今度は現地でまた飲みに行きましょう!」


まりりんの駄文ブログを機に、こういうプロの方とお知り合いになれて、
様々お話させて頂き、ささやかながら(エロ)ブログをやってて良かった。


アングラライターさん、本当にありがとうございました!!


ちなみに、このアングラライターさんのおススメ海外夜遊び場所は
シンガポールにほど近いバタム島。タイ南部にあり、マレーシアと国境を接する
ダンノック周辺などだとか。
台湾最新エロ情報もあるらしく、順次紹介できればと思います。笑



やはり、ミャンマーやカンボジア、ラオス等、新新興国も熱いらしい。


これからも、まりりんは調査を続けていきます!!



そして、アングラライターさんと会食が終わり、
家に帰って気になって色々と調べると、グッドタイミングでこんなニュースが。

「周永康」と名指しで報道 中国、腐敗問題で調査決定近く公表か

いよいよ、周を追い詰めたのか?!という感じです。


もし、周を追い詰めたようなら、公安利権は今の習政権になる
ということだと思うんですが、習政権に都合の良いものになってくれたら、
早く東莞復活して欲しいですよーと思います。それこそが、中国らしい。


そう、失礼ながら、中国は普通の国とは違うから面白い。


まりりんが中国に興味を持った理由はいくつもありますけど、
やっぱり日本含む西側とは大きく異なる価値観があるからかなーって思います。


中国がこのまま経済発展を続けて、十数年かけて民主化を少しずつ進めて、
普通の大国になってゆくのは、多くの日本人の望まぬところかもしれないけど、
私は現実として、そうなってゆくのかなーと思います。


それに伴って夜遊びが淘汰されるのであれば、それは私も望まぬ中国の未来ですが^^;


でも、普通の大国になる道を歩むも、そこは中国らしい価値観を突き通して欲しい。笑


今後とも政治的な動きを視野に入れつつも、夜遊びをウォッチしてゆきます!!


<おしまい>

2 件のコメント :

  1. バダム島と台湾に興味ありありです (・∀・)

    ミャンマーは、金 金 金みたいですね (´・ω・`)

    返信削除
  2. からくり様

    バタムは行こうと思ったのですが、いけなかったので次回シンガポールの際は行きます!ただ、マレー系(インドネシア系)、あんまりかわいい子を見かけたことがないので、若干心配ですが^^

    台湾は詳しく調査しますよー!!

    返信削除

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...