2014/03/06

21:香港尖沙咀で、イケメンになれる。

<続き><①から読む>


2009年1月*日15時:香港・九龍・尖沙咀。


憧れのスターフェリーに乗って、九龍・尖沙咀に到着です。


先程の香港島とはまた雰囲気が大きく異なって、どっちかと言うと、
ブリテッシュな洗礼された雰囲気があるのが香港島だとしたら、
本場中華のゴチャっとした雰囲気を出す街が九龍です。


余計な話をすると、香港島に住む人は、九龍を「大陸から続く陸地」と言い、
香港島こそが真の香港である、と言うそうです。
大陸から人民解放軍が攻めてきても、香港島は島だからとりあえずの時間稼ぎになる、
ということらしいですが・・・笑


確かに、香港島ピークあたりの住宅地は、どう見ても香港ではなくて、
ブリテッシュの中でも、特に洗礼された地であることを連想させますが、
九龍側の佐敦、旺角や太子なんかを見ると、コテコテ中華・香港だなぁと思います。


この両者が共存している点も、香港の魅力的なところです。


そして、九龍側のメインロード、ネーザンロードへ。


ヒデもまりりんも、香港らしい感じ・・・ザワザワした中で、熱気をムンムンに発する
香港の力強さに、感動です!


ネーザンロードは九龍を南北に貫くもので、
東京で言えば、中央通り、青山通り、晴海通り・・・って、
ふさわしい道路が思い浮かばないくらい、九龍ではメイン中のメインです。


そのネーザンロードに面する最も有名なビルが、”重慶マンション”です。


香港に関する書籍を読む時に欠かせないものが、沢木耕太郎「深夜特急」ですが、
その深夜特急にて、沢木氏が宿泊するのがこの重慶マンションのゲストハウスなのです。


物語から、急に現実が目の前に現れたような感動を覚えます。


「あの、沢木さんの香港ストーリーも、ここから始まったのか・・・。」


そう感慨に更ける間もなく、急にインド・パキスタン臭がして、


「ロレックス、シャネル、ニセモノ、アルヨ!!」


とか、日本語で言われます^^;


深夜特急にも同じ様な記述があったっけな!


尖沙咀は、香港島に比べると高いビルも多くなく、幾分街にゆとりがあるような
感じを受けますが、明らかな中国人観光客という風体も多く、まさしく中華・香港です。


そんな街を、高いところから見てみようと思い、向かったのは、目の前にあるザ・ONEです。


「とりあえず、あの高いビル登れば、景色見えるかな??」


「うーん、行ってみよう!!」


と向かったのですが、建物内部は迷路のようで、なかなか上の階へ行くエレベーターが
見つかりません。つたない英語を使い、やっと建物3階から、上層階行きエレベーターが
ある事が分かりますが、かなり迷って、クタクタです^^


しかし!

一望できて、なかなか良い景色じゃないですか!!


展望台なんかではなく、どっかのレストランかバーの店内から勝手に撮影なんですが。笑


こんなところで、お酒飲むなんて、カッコよすぎる!イケメンすぎる。


東京にこんな綺麗な景色見れて、オシャレなバーなんて、無いぞ。笑


もちろん、この店はこれを機に今でも御贔屓にさせて頂いております^^;
初めて香港の人を連れてくると、必ず感動させられるし、イケメンっぽく思われる(はず。笑


さてさて、こんなことをしていては、そろそろ日が落ちてきます。
一旦、ホテルに戻ってマカオの荷物を置いて、
夜はいよいよ香港夜景のメイン、ビクトリアピークへ向かいます。

<続く>

0 件のコメント :

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...