2014/02/07

⑫18サウナにて気づいた、楽しい人生とは!

<続き> <①から読む>

2009年1月*日18時30分:マカオ・18サウナ


「ニーハオ。」


可愛い。間違いなく可愛い!!


上で見た時よりも、めっちゃ可愛いです。


まさしく、こんな感じの子です。


「ニーハオ。我係**。最好的問候。」


いきなりの中国語でたじろぎます^^;
というか、美人が目の前にいるというのは、普通でもビビるのに、
この状況では、ブルブル身震いしますわ。笑


持参したメモ帳に名前を書いてもらうと、「春麗」と書きました。


「ニーハオ。ウォーシーリーベンレン。」
(大学の一般教養は中国語だったため、これくらいは出来た。笑
もっと真面目に中国語勉強しておけばよかったと、本気で後悔、今でも後悔!)


「リーベンレン!」


会話にもならない会話をしますが、問題ありません。


やることは一つだけなのです。


言葉は関係ない!!


まりりん、遂に初めの夜遊びを迎えます。



ついつい声が漏れちゃいます。笑
「じゃあ、服を脱いで、向こうのシャワーへ。」
(恐らくこう言っている。間違いではないだろう。)



目の前のこの子・・・服を脱ぎ始めるではありませんか。


まりりんの愚息、フル勃起どころではなく、90度直角立ちです^^;


やがて、春麗ちゃんのDカップはあろうおっぱいが露呈し、全裸の女の子が目の前に・・・。


大学生のまりりん、素人相手(世の中ではそれを彼女と言う)なんかタカが知れています。


生で女の人の身体を見たなんで、片手で数えられるくらいです。


それも、こんな可愛い子の身体が見れるなんて・・・・・・・


それも、こんな可愛い子とあんなことや、こんなこともできるなんて・・・・・・


興奮しすぎて、血が上って今にも倒れそうです。笑


「さぁ、そこの上に寝て!!」


シャワー室のベッドに寝ると、お湯をかけてくれて、丁寧にボクの身体を洗ってくれます。


でも、手で洗うわけではなく、春麗ちゃんのおっぱいで洗ってくれます。


めっちゃ柔らかいおっぱい!!
そのおっぱいをボクの身体にスリスリしながら、身体を洗う訳です。


そして身体を洗うだけでは無い、春麗ちゃんは次にボクの全身を舐めるではありませんか!!


足の先から、指の先まで・・・。


やがて、まりりんの愚息をパクリ!


「やばぃ・・・。もう、死んでもええわ。」


めちゃくちゃ興奮して、もう耐えるのが無理ですよ。


大体、経験の少ない大学生には刺激が強すぎますわ!!


「おう。。。。あう・・・・。」


中学生が初めてAV見た時の衝撃を超えるかもしれません。


「いつ出すの??今でしょ!!」


というのは何とか抑えて、身体を拭いて、いざベッドへ向かいます。


まりりんの愚息は角度90度を超えて、100度くらい反転しそうな勢いです。


ベッドに移っても、まずはフェラ。


丁寧なフェラの次は、まりりんが攻めます。


春麗ちゃんのおっぱいを目がけてダイブ!!


夢中になって、おっぱいをペロペロしますが、舐めても舐めても舐めたいです。


そんなうちに、我が愚息も限界が近づきます。


「じゃあ、入れるね・・・!」


コンドームをしてもらって、いざ春麗ちゃんの中へ挿入です。


「生温かい・・・。気持ち良い・・・。」


みこすり半にほぼ近く、情けなくもフィニッシュ。


こんな気持ち良いセックスは初めてかもしれません。


素人は所詮素人、でもプロはプロです。


初めてのプロとのプレイ、やはり、プロの力量は凄い!


そして、夜遊びって楽しい!!こんなに面白いものなのか!!


正直、夜遊び、風俗って後ろめたさがあるものだと思ってました。


背徳感というか、何か悪い事をしているというか・・・。


でも、こんなに面白いのか!気持ち良いのか!!


まりりんは、目覚めてはいけない物を目覚めさせてしまったようです。


再びシャワーを浴びて、服を着て、時間までまったりです♪


・・・ドアをノックする音が。


「すみません、コーラをお持ちいたしました。」


「ありがとうございます!!」


なんと気の利いた、サービス力の素晴らしいサウナなんだろう!!


そして、セクロス後に飲むコーラ、たまらんですね。


「じゃあ・・・またね!」


最後に抱擁とキスをしてくれて、上の階の休憩室までエスコートして頂きました。


春麗ちゃん、好きだわ・・・。^^




悲しくも春麗ちゃんと別れて、まりりんは再びソファーへ。


ヒデはまだ仕事中のようだ。


ブランケットをかけてもらって、ドリンクとご飯の注文を聞いてもらい、
しばしのまったりモードです。まりりんはこれを王様モードと言う。


まりりん、なんだか気が狂って、おかしくなっちゃいそうです。


世の中にこんな素晴らしいところが存在するのか・・・。


海外にはこんな天国があっただなんて。


今までの、人生ってなんだったんだろう。


知らないほうが良かったかもしれない世界。


目覚めなくて良かったかもしれないこの感覚。


でも、知ることが出来て、目覚めたほうがきっと楽しい人生になるに違いない!


「楽しい!人生はバラ色だーー!!!」


5年後の今、未だにこの思いは一貫しています。


5年前、マカオで、18サウナで、人生を楽しく生きる意義を発見したのです。
(※今までの人生がつまらないような感じだが、決してそういう訳ではない。)


まりりん、若干21歳にて、人生の天国、楽園を発見することができました。


マカオに、楽園、天国あり。


しかし、実は天国の遊びはまだまだこれからだったのです!


<続く>

2 件のコメント :

  1. 自分は2008年夏リオサウナがマカオデビュー。初めの娘がドンピシャ美人。初めの印象は、小松彩夏。新垣結衣、小雪、小川彩佳にも見えるこれまで日本でもあったこともない超美人。22歳。166cm.。しかし気さくで、珍しく英語もできたので、コミュニケートできた。チャイニーズビューティ、ピャオリャン、プリティフェース、グッドスタイルを繰り返し、向こうも少し照れてシェーシェというのがかわいかった。DKはシャワーの時から濃密。なんでこんな美人がこんなところにいるんだと不思議だった。二日後再度指名して、忘れられなかった、日本に連れて帰りたいと言うと、強く抱きついてきて本気のセックス。彼女が仕事で疲れてるというので延長し、ゆっくりいろいろ話した。次の日日本に帰らなければならず、その日の朝、仕事終わりにリオホテル前で待ち合わせし、今はラパホテル、マンダリンオリエンタルホテルのカフェべらビスタへ。写真をとったし、キスもした。日本に二年以内にいきたいといい、電話番呉を交換した。あんな美人あとにも、さきにもあったことない。帰りのANAのCAがブスにみえた。あの当時の娘たちのレベルはハンパなかった。彼女たちはどこに行って、今のマカオとどこが違うのだろうか。あれから、ずっとマカオ病にかかったままだ。

    返信削除
  2. 匿名様

    コメント、ありがとうございます!
    同じ様な思いをし、マカオ病にかかっているのは私も同じなので、
    匿名様のような体験談、多くの方が共感できるのではないかと思います。

    過去は美化されるのかもしれませんが、私も以前のほうが美女が多かったと思います。彼女たちはどこへ行ったのでしょうかね・・・^^ まだ見ぬその地を訪問したいと願ってやみません。

    返信削除

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...