新年は池袋のピンクなサロンに!その1

今回は”番外編”である日本国内編です。
日本国内で遊ぶ気持ちはあんまり無くて、志向はあくまでアジア、珠江デルタです。


国内でまで遊んでしまうと、ブレーキが外れそうなので、国内は最後の砦です。


でもでも、今回は香港からT君が来日しております。
ですので、日本のお遊びを大変して頂きたく、T君と池袋のピンクなサロンに行ってきました!!


ピンサロなんてしょっぱいなぁ、ソプ行けよ!って言われそうですが、
高くて手が出ないので、手でお気軽イけるピンで我慢して下さい。


11時30分:池袋駅西口で待ち合わせです。
まりりんは朝からめっさ待ちきれませんでした。


「お久しぶり!ごめんごめん!!遅くなって。早速行きましょう!!」


予定より20分ほど遅れてT君が登場です。



「遅いよーもう混んでるかもしれないなー。笑」


と焦る気持ちで、少々急ぎつつ池袋駅北口から徒歩1分で目的の店に到着。


「いらっしゃいませー。すぐ案内できますよ。どうしますか??」


「いくらですか??」


「フリーで8000円です。」


げげげ、8000円は予定外。
6000円のつもりだったんだけどと、T君と顔を合わせます。


僕としては8000円でも良かったんだけど、
調べていた2店目は半額の4000円なので、倍は出せないとそちらへ。


「ええっ、可愛い子いますよー遊んでって下さいよ!」


と怖いおにーさんに言われつつも、次へ向かいます。


12時:池袋駅の東口へ。


池袋は正月からリア充でいっぱいです。サンシャイン通りの呼び込みが深圳あたりに居る
「安いよ!安いよー!」ってのとあまり変わらない光景と思いきや、周りも中国人だらけです。
行くたびに池袋の中国臭なりアジア臭が濃くなってると思います。悪い事ではありません。


東口から5分ほど、見えてきました。”ももいろクローバー”という店です。


一月はキャンペーンで午後は4000円、ネットの評判を見てもそこまで悪い事は
書いてありませんので、コスパも考えてチョイスしました。


と言っても、マカオや大陸のような質の高い遊びをするわけではないし、
値段も値段なんで、ネタ要素が強いので、多くの期待はしていません。


「いらっしゃいませ!」


いかにもうさんくせー店員しかいないのは、業界のルールなんでしょうか。


「指名にしますか?フリーにしますか?今出勤しているのは3人です。」


「フリーで!すぐ入れますか??」


「1時間ほどお待ちいただきます。お金は先に頂きますね!一人4000円です。」


先払いってアリかよ。笑
そのまま店側にばっくれられたらどうするんだよ!!と疑問を持つも、
それが日本の夜遊びルールであれば従うしかありません。


個人的に中国のほうが”逃げ”られることを懸念し、お金を前払いする制度にしてそうですが、
ここ日本のほうが、より店側のリスク管理が徹底されていることに、驚かされます。


さて、朝から元気なまりりんは1時間も待つのが面倒で、いっそ辞めても良いと思いましたが、
今日はT君の接待でもあります!それにT君は結構テンション高め。


「一時間あるし、そこらへんをブラブラしよう!」


と言っても、一時間くらいはすぐに過ぎます。
いやしかし、ちょっとした飯も食べたので、口臭に気を付けガムも買って、
上下トイレを済ませて、変に気を使って準備は万全です。


さて、時間も時間、ももいろクローバーに向かいます!

<続く>

2 件のコメント :

  1. 良いところで次回へ、ですね!!
    次が楽しみです!!

    返信削除
  2. スパンスパン王子様

    今年も宜しくお願いします!期待に添える内容ではないと思いますので、
    早い所、香港なりアジアでネタを掴みに行きたいと思っております。笑

    返信削除

人気記事

  • <続き> 21時30分:林森北路・民生東路のHSBC付近。 この付近を中心に、やり手ババアや、エロ名刺を配る輩がおります。 しばらくウロウロしたけど、昨晩のやり手ババアは見当たらず。 若干本気と若干冷やかしのつもりで、歩きます。 「おにーさん、可愛い...

  • <つづき> 2018年2月*日17時:タイ・ラチャダー・ポセイドン 訪タイ十数回のまりりんですが、遊び方はパターン化しています。 ホテルはスクーンビット界隈に泊まり、昼過ぎまでダラダラ。 昼飯食ってラチャダーの風呂屋へ向かいたいていはナタリー...

  • <つづき> 2018年2月*日27時:タイ・ トンロー・ マリオットホテル 昨晩はソイカのシャークでサクっとロングでペイバー。 アジアンビューティーで笑顔が可愛い女の子と昨晩は2戦交え、 朝には3戦目か、と性欲絶える事無きと思っていました。 しかし、ポセ...

  • <続き> やり手ババアに連れられて、林森北路から 台北國宣大飯店 へイン。 既に怪しさがプンプンします。 「ここの2階に部屋取ってるから、そこに行こう。」 もうここまで来たら徹底的に調査してやりますか。 本来の顔見せ場である地下の食堂から 「可...

  • <つづき> 2017年10月**日22時: 極品 桑拿 (澳門英皇娯楽酒店 18階) さて、極品サウナのソファーでゆっくりしこれから品定めを行うまりりんとT君。 このサウナのソファーでのんびりしながら、タダジュースとタダ飯を食いつつ、 だらだら過ごす非日常感が...

  • <つづき> 2017年7月**日16時:ジャカルタ・1001(Seribu Satu Hotel)スパ ジャカルタでも華僑が多く住むという北ジャカルタ、 ジャカルタの上野駅、ジャカルタコタ駅から徒歩10分もかからぬ所に位置する、 白亜の宮殿、 1001(Seribu...

  • <つづき> 2018年1月**日21時30分:ジャカルタ・Pondok Laguna 本日、ジャカルタ到着初日なり。 JWマリオットホテルジャカルタ へチェックイン後、 直ぐに向かったのはアレクシス無き後の最高級サウナ、1001。 ここでは至ってノーマ...

  • <つづき> 2018年1月**日23時:ジャカル タ・クラシックホテル 瀬戸君に連れられやってきたのはジャカルタ・ クラシックホテル 。 エロいクラブがあるという事で、ホテルトラベルと似たようなところだそうな。 厳重に警備された入口を潜ると、先程高級ホテル...

Labels