2013/10/21

マッサージパーラーのハズレな時間帯。

<前回からの続き>

17時:バンコク・ホワイクワン。


「ほな、とりあえずエマニュエル冷やかしますか。」


リーダー格のOさんに着いてゆき、
ナタリーの隣、エマニュエル(Emmanuelle)へイン。


前回の経験もあり、結構印象が良いエマニュエル!!
相変わらずシダックスのような感じですが・・・(^^;


「いらっしゃいませ、どうぞうどうぞ!」


マネージャーが案内してくれるものの、
金魚鉢には数人、サイドラインにも女の子の数が多くない。


だいたい、バンコクで夜遊びする人のコースとして・・・


15~17時頃、マッサージパーラーにイン。
18時頃、マッサージパーラー終わって、晩御飯。
20時頃、ぼちぼちゴーゴーバーへ。


てな流れでしょう。
我々もその法則に乗ってます^^


そう考えると、17時前後という時間はかなり微妙で、
一通り客が女の子をピックアップしてビジー中か、
あと30分もすれば戻ってくる、そんなような微妙な時間帯と推測される!


失礼ながら、余りモノののような女の子ばかりで、
とても選べるレベルではない。


冷やかしながら、もちろん良い女の子がいれば、
気にせずピックアップするのが、我々のポリシーだ^^


「全然ダメっすね、次行きましょか、次。」


思いは皆さん一緒だったよう。


次に向かうは、シーザース(Caesars)


”アレキ遊び”と言われる乱交のできる店として有名だ。
私は乱交したいと思ったことはありませんし、
そもそも先輩らの前で恥ずかしい愚息なんか出せません^^


シーザース・マッサージパラーも巨大です。
ホワイクワン駅周辺はこんな巨大なマッサージパーラーばっかりで、
本当にエロ過ぎて、この街、大丈夫かと心配されられます。


しかし、日本の吉原とか堀之内のような異常な雰囲気は
全く無くて、街に馴染んでおります。
外観は普通で、郊外のシダックスです^^


写真にも写っていますが、隣には大型のタワーマンションがあったり。
タイ人は陽気で色々寛容な性格だから、こういうの気にしないのかな?


マッサージパーラーの建物は巨大でも、
中にいる女の子は少ない・・・。
やはり時間帯が悪いです(^^;


「今、ちょうど女の子はビジーなところね、
でもあと少しすれば、戻るヨ!」


シーザースのマネージャーも、この女の子の
ラインナップでちょいと苦しそう。


「ううう、どうですか、まりりんさん。
これは厳しいっすね。ちょっと待機しますか?」


「いや、シーザース以外にも行ってみましょう。」


と、シーザースを出て、ハイクラス(High class)にも
行ったものの、他と同じ感じ。


やはり時間帯の問題だと思いますね^^


ホワイクワン駅を挟み、街を二分するラチャダーピセーク通りを
クロスするには、歩道はなく、地下に降りて、
MTRホワイクワン駅を通らなければならない。


階段の上り下りで、大したことないんだけど、
町の東西にあるマッサージーパーラーに行くのには結構面倒。


ましてや既に一回戦を終え、次に備えなければならない。
こんなんで疲れるわけにはいかないです^^


「とりあえず疲れましたし、戻って、メシ食って、ゴーゴーバー行きましょう。」


18時:ホワイクワン駅からアソーク駅へ戻り、
夕食を食べて、再びソイカウボーイへ。

<続く>

0 件のコメント :

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...