香港のクラブでお持ち帰り!蘭桂坊のクラブでの思い出。

<前回からの続き>

香檳大廈近くの、The Oneで夜景を見ながら飲みです。
ここ、お気に入りのバーです。


ワインをボトルで開けてしまって、Yuさんも僕もかなりフラフラです^^


「どうします、この後?」



「まぁ、141の階段登ったりも面倒だし、最終日だから、もう飲もうぜ。」



「そうしますか!では、最終日ですし、蘭桂坊(ランカイフォン、LKF)
で遊びましょう。」



ってことで、夜景とワインを堪能しつつ、聖欲より酒欲を満たすべく、
香港島一のバーが並ぶ蘭桂坊へ。
僕もYuさんも、聖欲旺盛だけど、酒欲も結構やばいんです^^


香港に住んでいた時、香港島に住んでいたということも
ありまして蘭桂坊にはしょっちゅう行ってました^^


香港の蘭桂坊にあるクラブ、僕のようなブサ面でも、
日本人+広東語が話せるということもあり香港人の可愛い子が
持ち帰りできる場合もありましたんで、結構ハマってました。
こっちの子、ノリ良いし!!


日本のクラブにある入りずらさと陰湿さのようなものもなし。
香港のクラブは酒と踊りと男と女の交流を楽しむ大人の
社交場(これは言い過ぎか)のような雰囲気もあって、居心地いいんです。


蘭桂坊には欧米人向け、香港人向けのクラブがありますが、
我々日本人が欧米人向け行っても相手にされないんで、
香港人向けに行きましょう^^


今回は平日というこもあり、クラブには行かず、
しこたまバーで飲みまくりです。もうゲロゲロです^^


気が付いたら終電も終わる時間で、タクシーにて油麻地の
城景国際酒店へ。


香港は酒安くて、蘭桂坊のブリテッシュな雰囲気も良くて、
終電終わっても全然問題なく飲めてタクシー安くて、
本当に天国です。


こんな香港生活に、あと少しで戻れそう!

<続く>

2 件のコメント :

  1. お尋ねします。香港の韓国クラブで香港人相手のお店はご存じですか?
    お持ち帰りが可能だそうです。

    返信削除
    返信
    1. 御返信が遅くなり申し訳ございません。

      知っておりますよ。香港での仕事の際にはよく行っていました。
      チムサーチョイにありますので、検索すればすぐ出てきます。笑

      但しとても高いですよ。コスパを考えると・・・どうでしょうか。

      削除

人気記事

  • <つづき> 2018年1月**日10時: ジャカルタ・ JWマリオットホテルジャカルタ 昨晩は到着一日目にも関わらず精力的に遊びました! 但し流暢に構えている暇は無く、社畜サラリーマンに時間的な余裕はありません。 今日はジャカルタ中日、けれども明日は...

  • <つづき> 2018年1月**日21時30分:ジャカルタ・Pondok Laguna 本日、ジャカルタ到着初日なり。 JWマリオットホテルジャカルタ へチェックイン後、 直ぐに向かったのはアレクシス無き後の最高級サウナ、1001。 ここでは至ってノーマ...

  • <前回からの続き> 9月*日 香港・ 旺角・ 建興大廈 。 場所は・・・ ここへ。MTR 旺角駅の 旺角交差点から、 亞皆老街を東に、 観光地で有名な女人街を超えて 数分の花園街にあります。 香港141(one four one)とは香港では最もメジャ...

  • <つづき> 2018年2月*日17時:タイ・ラチャダー・ポセイドン 訪タイ十数回のまりりんですが、遊び方はパターン化しています。 ホテルはスクーンビット界隈に泊まり、昼過ぎまでダラダラ。 昼飯食ってラチャダーの風呂屋へ向かいたいていはナタリー...

  • <つづき> 21時30分:マカオ・ グランドエンペラーホテル(澳門英皇娯楽酒店)(GRAND EMPEROR HOTEL) いよいよショータイムのお時間です! ここ 「極品桑拿」 のショータイムですが、お風呂場にて顔見せを行います。 ...

  • <つづき> 2018年1月**日23時:ジャカル タ・クラシックホテル 瀬戸君に連れられやってきたのはジャカルタ・ クラシックホテル 。 エロいクラブがあるという事で、ホテルトラベルと似たようなところだそうな。 厳重に警備された入口を潜ると、先程高級ホテル...

  • <つづき> 2017年7月**日16時:ジャカルタ・1001(Seribu Satu Hotel)スパ ジャカルタでも華僑が多く住むという北ジャカルタ、 ジャカルタの上野駅、ジャカルタコタ駅から徒歩10分もかからぬ所に位置する、 白亜の宮殿、 1001(Seribu...

  • <前回からの続き> 17時:バンコク・ホワイクワン。 「ほな、とりあえずエマニュエル冷やかしますか。」 リーダー格の Oさん に着いてゆき、 ナタリーの隣、エマニュエル(Emmanuelle)へイン。 (こちらより拝借) 前回の経験 もあり、...

Labels