素人の子、発見!東莞・匯美酒店。

<前回からの続き>


<ここからはGoogleAdsenceの指導により、不適切な表現が含まれ、表示できません。
ご覧になられる方は、香港発アジア行。-灼熱のアジア編-にあります
東莞・匯美酒店サウナでの一戦。-灼熱のアジア編-をご覧ください。>


19時30分、急いで匯美酒店一階にあるバスチケット売り場へ。
と言っても、2階サウナのすぐ下、1階だから安心だ。




東莞から珠海・マカオ行きのバスにこれから乗る。
CTS澳門中旅汽車客運会社が運行している。


「珠海・拱北口岸まで、一人お願いします。次の最終便で!!」



「謝謝!!ただ、バスが遅れており、20時30分ごろになりますよ。
10分前にはこちらに来てくださいね。」


とのこと。周辺をウロウロして、DVD屋見たり、屋台で軽く食事して時間つぶし。
遅れているとはいえ、不安だから、20時過ぎには戻り、ホテルロビーをウロウロ
したり、3Fにある夜総会を冷やかしに、そして、バスを待つ。


ホテルロビーウロウロしてたら、可愛い子発見!!!
ホテルの横におもちゃ屋があるんだけど、そこの女の子がめっちゃ可愛い。 
うーん、思いっきり素人な感じのこういう子がいいな・・・。笑


しかも、「こんにちは!」だって。
少しだけ日本語勉強してしゃべれるのだと!!


写真の後ろ姿だけでも、そっと抱きつきたくなりますね^^
指名していいなら、絶対に指名してる!!


そして、この子に勧められて、エアバス380のモデルプレーンを買ってしまった。
でも、わずか50元!写真にある大きいのではなくて、小さいやつですが^^


「お待たせいたしました。バスが着ましたので、外へ行ってください。」


20時20分ごろ、案内を受けてバス乗り場へ。
バスはホテルの真横に止まっており、すぐ分かります。


バスに乗り込むも、乗客はわずか4人。
定刻通り、いや定刻から30分遅れて
20時30分、バスは珠海・マカオに向けて出発!!


マカオでは、番長さんが待っている東方スパに向かいます。
メールでは、既に東方スパに着いて楽しんでいるようだ。


夜の広東省、珠江デルタを一路、珠海、マカオへ。

<続く>

0 件のコメント :

コメントを投稿

人気記事

  • <つづき> 2018年2月*日17時:タイ・ラチャダー・ポセイドン 訪タイ十数回のまりりんですが、遊び方はパターン化しています。 ホテルはスクーンビット界隈に泊まり、昼過ぎまでダラダラ。 昼飯食ってラチャダーの風呂屋へ向かいたいていはナタリー...

  • <つづき> 2017年7月**日22時:ジャカルタ・カフェバタビア 性地アレクシスを後にし、アレクシスからも程近い、 ジャカルタ・コタ地区でも中心的な存在になるファタヒラ広場の角、 オランダ植民地を彷彿とさせる 「カフェバタビア」 にて ビールとインドネシア料理...

  • <つづき> 2018年1月**日17時:ジャカルタ・スカルノハッタ国際空港 NH855便は定刻通りジャカルタ・スカルノハッタ国際空港に到着です。 足早にイミグレへと向かいますが、意外や意外、あんまり混んでいません。 ジャカルタのイミグレは良い噂聞かないのですが...

  • <つづき> 2018年1月**日21時30分:ジャカルタ・Pondok Laguna 本日、ジャカルタ到着初日なり。 JWマリオットホテルジャカルタ へチェックイン後、 直ぐに向かったのはアレクシス無き後の最高級サウナ、1001。 ここでは至ってノーマ...

  • <つづき> 2018年1月**日23時:ジャカル タ・クラシックホテル 瀬戸君に連れられやってきたのはジャカルタ・ クラシックホテル 。 エロいクラブがあるという事で、ホテルトラベルと似たようなところだそうな。 厳重に警備された入口を潜ると、先程高級ホテル...

  • <つづき> 2018年2月3連休:タイ国際航空 TG641便バンコク行き 3連休のバンコク行きは大勢の日本人観光客で満席です。 「ねぇ、ゾウさんに乗りたい!」 とか、一体何のゾウさんに乗りたいんだか。 たいていは ”るるぶ” なんか見ながら、はしゃいでるカ...

  • <つづき> 2017年7月**日23時:ジャカルタ・ホテルトラベル まりりん、ジャカルタきっての低コストハイクオリティーなお遊びが出来るという、 日本人御用達でもある 「ホテルトラベル」 で4pをチョイス。 人生初めての4pに期待と興奮でいっぱいですが、 ...

  • <つづき> 2018年1月**日10時: ジャカルタ・ JWマリオットホテルジャカルタ 昨晩は到着一日目にも関わらず精力的に遊びました! 但し流暢に構えている暇は無く、社畜サラリーマンに時間的な余裕はありません。 今日はジャカルタ中日、けれども明日は...

Labels