やっと、夜遊びアイランドの下川島到着。調査開始です!

<前回からの続き>

さて、香港を出て6時間は過ぎただろうか・・・。
やっと、下川島の王府洲海濱旅游度假区に到着しました!!


こんな田舎の島に、何しに来てんだか・・・いやいや、正式な調査です!!


夢にまで見た下川島のエロゲートを潜ります。
きっと天国へ続くゲートです^^


入場料もしっかり。というか、40元もします。


そして、これ、ハガキになるんです^^
遊び記念にはがき出せます!


さて、この夜遊び観光特区内は歩いて移動
できるほど小さいというのは確認済みです。


早速、ホテルを目指して、端っこのホテルから、料金を聞きますか。


確かに小さくて歩いて行ける距離だけれども、
暑い・・・広東省の海沿いは暑いです。香港以上かな??
そして、噂のカートには乗せてもらえずで、道端をテクテク歩くこと、数分。


最初のホテル、桂園酒店です。


なかなか綺麗!
そして、ロビー混んでる。


「今夜有冇房呀??(今夜部屋ある?)」
の簡単な広東語で通じました。


「有有!!(あるよ、あるよ。)」


と言われ、
「幾多錢呀?(いくら?)」
と聞いたところ、


「700元!」と言われました
(ウル覚えでありますが・・・)。


シーズンとは言え、さすがに高い!日本円で8500円程度です。
日本でもこんな値段で泊まりません。


おねーさんには簡単に金を払うのに、貧乏まりりんは、こういうところは意外とケチなんです。


気合を取り直して、次のホテルに向けて歩く。


暑い暑い。


桂園酒店の隣、富士酒店もそんなような価格、
やべえ、人民元足りるかな・・・。


そして周ること5件目くらいか、錦江大酒店へ!
なかなか綺麗なホテルなんで、期待していなかったけど、
480元ということで、ここに決めることにしました。


一日目だし、長旅だったし、何より早く休みたかった!
ではなくて、オンナに時間を費やしたかった!!!


さっそくチェックイン。部屋も綺麗で、wifiも有線ながら繋がるし、文句無しです。
シャワーを浴びで、金庫に金を入れて、さぁ、可愛い子との戯れへ向けて、出発です!!

<続く>

0 件のコメント :

コメントを投稿

人気記事

  • <つづき> 2018年2月*日17時:タイ・ラチャダー・ポセイドン 訪タイ十数回のまりりんですが、遊び方はパターン化しています。 ホテルはスクーンビット界隈に泊まり、昼過ぎまでダラダラ。 昼飯食ってラチャダーの風呂屋へ向かいたいていはナタリー...

  • <つづき> 2017年7月**日22時:ジャカルタ・カフェバタビア 性地アレクシスを後にし、アレクシスからも程近い、 ジャカルタ・コタ地区でも中心的な存在になるファタヒラ広場の角、 オランダ植民地を彷彿とさせる 「カフェバタビア」 にて ビールとインドネシア料理...

  • <つづき> 2018年1月**日17時:ジャカルタ・スカルノハッタ国際空港 NH855便は定刻通りジャカルタ・スカルノハッタ国際空港に到着です。 足早にイミグレへと向かいますが、意外や意外、あんまり混んでいません。 ジャカルタのイミグレは良い噂聞かないのですが...

  • <つづき> 2018年1月**日21時30分:ジャカルタ・Pondok Laguna 本日、ジャカルタ到着初日なり。 JWマリオットホテルジャカルタ へチェックイン後、 直ぐに向かったのはアレクシス無き後の最高級サウナ、1001。 ここでは至ってノーマ...

  • <つづき> 2018年1月**日23時:ジャカル タ・クラシックホテル 瀬戸君に連れられやってきたのはジャカルタ・ クラシックホテル 。 エロいクラブがあるという事で、ホテルトラベルと似たようなところだそうな。 厳重に警備された入口を潜ると、先程高級ホテル...

  • <つづき> 2018年2月3連休:タイ国際航空 TG641便バンコク行き 3連休のバンコク行きは大勢の日本人観光客で満席です。 「ねぇ、ゾウさんに乗りたい!」 とか、一体何のゾウさんに乗りたいんだか。 たいていは ”るるぶ” なんか見ながら、はしゃいでるカ...

  • <つづき> 2017年7月**日23時:ジャカルタ・ホテルトラベル まりりん、ジャカルタきっての低コストハイクオリティーなお遊びが出来るという、 日本人御用達でもある 「ホテルトラベル」 で4pをチョイス。 人生初めての4pに期待と興奮でいっぱいですが、 ...

  • <つづき> 2018年1月**日10時: ジャカルタ・ JWマリオットホテルジャカルタ 昨晩は到着一日目にも関わらず精力的に遊びました! 但し流暢に構えている暇は無く、社畜サラリーマンに時間的な余裕はありません。 今日はジャカルタ中日、けれども明日は...

Labels