2012/02/26

思いを馳せる、香港・マカオの一時間。

<前回からの続き>


油麻地のホテルに戻って荷物とパスポートを持ち、
上環・信徳中心にある港澳フェリーターミナルへ。


そして、サウナの割引チケットを販売している成功旅行社へ。


今回も、「十八桑拿(エイティーンサウナ)」に行こうと思ったが、
どうやら浴場が現在工事中で使えないらしく、僕は湯船に浸かりたいため、それでは困る。


と、前から気になっていたマカオ一高級と言われる
「利澳水療芬蘭浴(リオスパ)」にすることにした。
上海式(フェリー往復+入場料+マッサージ付き(えろ無し))を、
900HKD(9000円:1HKD=10円)で購入。



現地のサウナ飛び入りでももちろん可能なんだけど、
前もってチケットを買った方が、若干お得です。



20時:イミグレを抜けて、乗船。いざマカオへ。


それでは乗船中、サウナ(桑拿)について、説明をします。



・・・サウナとは、日本での意味としては、熱い部屋に入って汗を流すところ、
ということがサウナでしょう。しかし、マカオ・中華圏では、サウナの意味が
日本よりも広義的でして、日本で言う健康ランドやら、日帰り温泉のようなものです。
それよりも豪華で、かつイヤらしい、男性的な健康ランドとお考えください^^



サウナには、更衣室、大浴場、休憩所、レストランがあり、
そこは日本と変わらないのですが、マカオのサウナでは、
サウナに女の子娘が大勢いて、そこから好みの子を選んでヤる、というものです。


サウナには通常、24時間の滞在ができます。


受付を済ませた後、ロッカーに荷物を置くと、シャワールーム、大きな湯船
がありますので、まずここで汗を流して、身体を綺麗にします。


そこを抜けると、サウナ衣に着替え、その先には大きな休憩所があり、
ソファーに座って休んだり、ネットしたり、レストランもあります。



もちろん、これら全ての利用料は入場料に含まれておりまして、
食べ物や飲み物も、無料(免費)の物が多くあります。



そして、サウナによって異なりますが、30分に一回ほど、
ショータイムが開かれ、女の子とご対面。
ご対面の場所もサウナによって異なり、浴場で、或いは休憩室、専用の
顔見せ場があるところもあります。



人数は多いところでは何と100人超もいます!!
中華、ベトナム、タイ、フィリピンのアジア系、東欧系、アフリカ系まで^^



これほど、素敵なことはありません。
街中で可愛いな、と思った子とヤれる、そんな感覚です。



自分の気に入った美女を選び、マネージャーに女の子の番号を告げた後、
個室に通され、娘とご対面です。



ここから、通常60分、女の子主導のプレーを堪能します。
まず身体を洗って、その後に生フ○ラ、ベッドに移動して、
メイク○ブという運びになります。



終わればまた休憩室に戻って、メシを食うのも、ソファーでごろごろするのも、
マッサージ受けるのも、寝る(仮眠室がある)のもよし。



もちろん、次のショータイムでまた選ぶのも良しです。



マカオのサウナは、こんな素晴らしい世界が広がっています^^



初めてマカオのサウナに行った時、料金内でメシも食えて、
ジュースも飲めて、豪華なソファーでごろごろできて、
お風呂入れて、安価なプラス料金で垢すりやマッサージ受けられて・・・



そして美女とヤれる。


まさに、天国であったことを覚えています^^



性欲・食欲・睡眠欲がこのサウナで満たせるのだ。


ああ、俺は今その夢の国マカオに向かっている。


この香港からマカオまでの航海は、
いつもそんなことに思いをはせながら、
向かっております・・・。


短くも長い、一時間の航海。


21時:マカオ着。さて、サウナも行きたいが、K君の要望もあり、まずはカジノだ!!

<続く>

0 件のコメント :

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...