2012/02/27

マカオ!まずはカジノから。金沙娯樂場(サンズ)へ。

僕はもうマカオには5回ほど行っただろう・・・。
しかし、K君は初めてのマカオである!!そう、初めての者にマカオの
衝撃はすさまじいものがある。
------------------
2月*日21時:フェリーターミナルより歩いて10分ほどの金沙娯樂場(サンズカジノ)へ。


シンガポールサンズでは、40万近く超儲けたことや、コタイにあるベネチアンに
行った時も儲けたため、僕とサンズとの相性は良いのではないか、と思っている。

数日前、フェリー乗り場から一番近い海*娯樂場で
20万派手に大負けしたこともあり、何としてもサンズで勝たなきゃならないのだ。

早速、いつもの「大小」へ。
軍資金は3000HKD。ディーラーにその全てを渡し、掛けるためのチップをもらう。

さぁ、スタートだ。

「大小」とは非常に簡単なゲームで、サイコロ3つの目の合計(3~18)を当てるというものである。
4~11の間に出れば「小」、12~17は「大」を当てる簡単なもの(ゾロ目は別)、
ピンポイントで数字を当てるもの、ゾロ目を当てるもの、偶数か奇数かを当てるなど様々である。
もちろん、掛け方によって払い戻しの倍率は異なり、大か小かを当てるものであれば2倍
(つまり1000円掛けて当たれば2000円になって戻ってくるし、外れれば0円になる。)、
特定のぞろ目を当てれば181倍などである。

僕が掛けるのは、大体決まって、大か小かを当てるものである。

だって、簡単だからだ。

そして、今日の戦略はマーチンゲル法と決めた。

これは、最初の賭金で負けた場合、勝つまで賭金を倍にしていく方法である。

予算は3000HKDなので、100HKDを元とすれば、4回間違えても良いのだ。
その間に当てれば、掛け金+100HKDが手に入る。

確実な方法ではないか!!(今まで試したことはないが)

さて、モニターには、「大大大大大大大大」と出ている。
こりゃ、次も「大」だろ、と大に100HKDを掛けると、ほら、簡単に200HKDになって戻ってきた。
次はさずがに「小」かもしれないな、と思うと、また「大」であり、簡単に元に戻ってしまった。

そこから、「小」かな、いや「大」かなと創造しながら掛けてゆく。

そして、サイコロが入る蓋が空いた時の緊張感。

たまらん。笑 このドキドキ感が素晴らしい(ギャンブル依存症?!)。

何度か繰り返し、あれ、3回負けてしまったと思うと、土壇場の4回目で
取り戻したり、または1回目で軽く買ったりと、着実に金は増えてゆき、1万は増えた!

しかし、そう思ったのも一時で、なんだか調子が悪くなってゆく・・・。

大なら大、小なら小と覚悟を決めれば良いかもしれないが、ディーラーに載せられてか、

僕は時には大を掛けたり、小を掛けたりと、定まらなくなってしまったのがいけないかもしれない。

カジノの面白くも不思議なところで、大が連続で10回出ること、またその逆が続くこと、
ここぞと言う時にゾロ目が出ることなど、上手くいかないように出来ている。

あーっさり、5回目で負けてしまい、手元には残りチップ数000HKD。

マーチンゲル法の元手が無くなったところで、その残りチップも全て掛ける。

さて・・・どうだ!!

って、また外れた。笑

開始30分ほどで、手元から全て無くなった。ああ。

そんな時に丁度、「俺もあっさり負けたよ~」と、K君と合流。

K君はシンガポールでも負けており、相当嫌な顔をしている。笑

俺は、リベンジしようと思ったが、23万負けたと考えると、今回はさすがに辞めようと決意した。笑
・・・そうだ、サウナに行って嫌なことは忘れよう。


いよいよ、金沙娯樂場から、利澳水療芬蘭浴へ!!

<続く>

0 件のコメント :

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...