初のバンコク・ポセイドンへ!<その2>

<つづき>

2018年2月3連休:タイ国際航空 TG641便バンコク行き


3連休のバンコク行きは大勢の日本人観光客で満席です。


「ねぇ、ゾウさんに乗りたい!」とか、一体何のゾウさんに乗りたいんだか。
たいていは”るるぶ”なんか見ながら、はしゃいでるカップルか。


オヤジ集団が「プリーズ、キリンビーアー!プリーズ!」とテンション爆上げ酔い過ぎ、
「今夜の風呂屋はどこに行くん?」なんて下心丸出しの卑猥会話を機内で繰り返すか。


黙々とタブレットで何だかわからない情報を調べる、
まりりんのような1人旅で何をするのか分からない男性諸君か。


あんまり他の国際線では見ない、ちょっと異常な光景かもしれません。


やがて飛行機は香港・海南島の南を過ぎ、南シナ海から先にインドシナ半島へ入ります。


インドシナ半島に入るといよいよバンコク到着も近し。


かなり騒がしかったカップルやオヤジ集団も気が付いたら眠りに、
半減灯になっていた機内が明るくなる頃になり、タイの領空へ。


雲の中を下降し、地上の民家が見えるくらいになるとシートベルトサインが消え、
定刻より少し早くスワンナプーム国際空港に到着です。


2018年2月3連休15時:タイ・スワンナプーム国際空港


JAL機を横目に見つつ、シートベルトサインが消える前に
騒がしかったオヤジ集団は早くもタイモードで降りる支度ばっちり。


オヤジ集団に負けぬよう、まりりんも先を急ぎます。


ところがスワンナプーム空港名物の大混雑イミグレです。


ビジネスクラスであればプライオリティーレーンが利用出来ますが、
エコノミーはこの先何百人いるか分からないイミグレに並ばなければなりません。


早くも定石ではありますが、タイの洗礼を受けることになりました。


ここでイミグレ達人のまりりん。
伊達に香港-深圳のイミグレを何百回超えたわけじゃあありません。


実に簡単な法則ではありますが、


「黒人、中東、インド、チャイナ系の後ろには並ばない」


「プライオリティーレーン(身障者等含む)の隣の窓口に並ぶ」


まずこれがイミグレを早く超える鉄則です。


その上で、


「ダラダラせず素早く仕事をしてそうな審査官の列」


「一つの列が枝分かれ(つまり複数窓口)があるかないか」


特に後者は一見分かりませんが、よく見れば分かることが多いので、
列の先、ゴールがどのようになっているか素早く見極める必要があります。


慎重に見極めた上で、「これは行ける!」列を発見。


同じタイミングで並んだファランオヤジとは最終的に5人程度の差が出来、
並び始めてから30分未満で通過です。イミグレ千里眼のパワーを発揮しました。


2018年2月3連休15時30分:タイ・スワンナプーム国際空港


さて、タイバーツをATMで下ろしてタクシー乗り場へ。


タクシーは待ちも無くさっくり乗車、


「トンロー、マリオットホテル!」


ここでまりりんはミスを犯す訳ですが、
タクシーに乗る際に発行される控えをタクシーオヤジに渡してしまいました。
これ、万が一トラブルが起きた際に必要なので到着まで持っているべきでした。


しかし、そんな事も杞憂に。空港から特に渋滞も問題も無く、
30分程度でトンロー駅前にあるマリオットホテルに到着です。
確か300バーツ程でした。


2018年2月3連休16時:タイ・トンロー・マリオットホテル


マリオットホテルグループはすっかりまりりんのお気に入りです。


「まりりん様、お待ちしておりました。」


そう、まりりんはマリオットの上級会員です。
しかも今回は初のプラチナ会員(マリオット最上級クラス)です。


「お部屋はアップグレードしました。ラウンジも是非ご利用下さいね!」


最低価格の部屋で予約しても上級クラスの部屋へアップグレードは朝めし前、
それだけではなく、ラウンジで酒メシは飲み放題、レイトチェックインも無料など、
ここでは言い尽くせぬベネフィットがあるので、いつか記事にします(笑)


他の客はチェックインカウンターでカードキーを渡されて終わりですが、
まりりんはプラチナ会員の為か、部屋まで可愛いスタッフがご案内してくれるそう。


「朝食はラウンジと一階のレストランで召し上がれます!」


等々色々説明してくれます。それにしても可愛いな。
この後ペイバーした女の子をマリオットに呼ぶなんて、ちょっと抵抗ありますね(笑)
プラチナ特典で可愛いスタッフもペイバー出来れば良いんですけどね。


部屋は37階の角部屋で部屋からはバンコク市内が見渡せます。
写真だと分かりませんが、左側はウォークインクローゼット、
右側に大きなバスルームがあります(笑)


なかなかの景色ですね。
こんな景色を見ながら、スパンスパン!
本当は可愛い彼女と出来れば良いんですが、
まりりんは連れ込む女の子とやりますよ!


さて、本来ならラウンジに行って酒でも飲みながらゆっくりすれば良いんですが、
まりりんはどこのMPに行こうか、必死で機内で情報漁っていました。


なので今、相当ムラムラしてます(笑)


ホテルでのんびりしたい気持ちを抑えつつ、足早にホテルを後にし、
身体は既に右手を挙げてタクシーを捕まえてます。


「ラチャダーの、スティサンで!」


「おう、これからマッサージか?アニキ!」


完全にタクシーの運ちゃんにはバレてますが、
ラチャダーの友達の家に行く、マッサージ?知らないととぼけるまりりん。(笑)


それ以上に無駄な追及も無く大変心地よい移動です。
若干渋滞に巻き込まれつつも30分程でスティサンに到着・・・なんですが、


「おい、ここらへんで良いか?」


「は、はい・・・。クラップ(OK)!!」


トンローから80バーツ程を支払い、
止まったのは今回目的としていた”ポセイドン”の丁度目の前。
運ちゃんには全て理解されていたようですね(笑)


ということで、今回の初遊びは”ポセイドン”で!


まりりん、何回もタイに行きながらも実は”初”のポセイドン。


心踊るこの瞬間。可愛い子は居るだろうか。
今相当、ムラムラな状態でポセイドンへ!

<つづく>

にほんブログ村 大人の生活ブログ 中国・中華圏ナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
↓Twitterフォローお願いします↓

0 件のコメント :

コメントを投稿

人気記事

  • <続き> 21時30分:林森北路・民生東路のHSBC付近。 この付近を中心に、やり手ババアや、エロ名刺を配る輩がおります。 しばらくウロウロしたけど、昨晩のやり手ババアは見当たらず。 若干本気と若干冷やかしのつもりで、歩きます。 「おにーさん、可愛い...

  • <続き> やり手ババアに連れられて、林森北路から 台北國宣大飯店 へイン。 既に怪しさがプンプンします。 「ここの2階に部屋取ってるから、そこに行こう。」 もうここまで来たら徹底的に調査してやりますか。 本来の顔見せ場である地下の食堂から 「可...

  • <つづき> 2018年2月*日17時:タイ・ラチャダー・ポセイドン 訪タイ十数回のまりりんですが、遊び方はパターン化しています。 ホテルはスクーンビット界隈に泊まり、昼過ぎまでダラダラ。 昼飯食ってラチャダーの風呂屋へ向かいたいていはナタリー...

  • <つづき> 2017年7月**日16時:ジャカルタ・1001(Seribu Satu Hotel)スパ ジャカルタでも華僑が多く住むという北ジャカルタ、 ジャカルタの上野駅、ジャカルタコタ駅から徒歩10分もかからぬ所に位置する、 白亜の宮殿、 1001(Seribu...

  • <続き> 2013年10月*日:香港・ 旺角 香港・九龍随一の繁華街、旺角で雑用を済ませます。 ちなみに、まりりんが旺角に行ったら大体行くところは、 ・信和中心(ニセモノのDVD・CD、掘り出し物のグッズを漁りに) ・先達広場(ケータイ、ケータイカバーなどが...

  • <つづき> 2018年1月**日23時:ジャカル タ・クラシックホテル 瀬戸君に連れられやってきたのはジャカルタ・ クラシックホテル 。 エロいクラブがあるという事で、ホテルトラベルと似たようなところだそうな。 厳重に警備された入口を潜ると、先程高級ホテル...

  • <つづき> 2018年2月*日27時:タイ・ トンロー・ マリオットホテル 昨晩はソイカのシャークでサクっとロングでペイバー。 アジアンビューティーで笑顔が可愛い女の子と昨晩は2戦交え、 朝には3戦目か、と性欲絶える事無きと思っていました。 しかし、ポセ...

  • <つづき> 2018年1月**日10時: ジャカルタ・ JWマリオットホテルジャカルタ 昨晩は到着一日目にも関わらず精力的に遊びました! 但し流暢に構えている暇は無く、社畜サラリーマンに時間的な余裕はありません。 今日はジャカルタ中日、けれども明日は...

Labels