2016/11/26

初めてのナナプラザを思い出して。<その3>

<つづき>

2016年4月某日22時:タイ航空・TG677便バンコク行き


東京からタイまでは6-7時間ほど掛かり、映画二本と仮眠で丁度いいくらいなんですが、
今回はA380かつ、タイ航空が誇るビジネスクラスの“ロイヤルシルク”クラスの搭乗です。


つまりは、シートを堪能している間にあっという間にインドシナ半島に到達し、
いよいよ目的地であるバンコク・スワンナプーム空港に到着です。


どうもこのフライトインフォーに表示されてる地名って妙にマイナーなところが多くて、
個人的には昆明だったり、ペナン、ダーウィンや、バンガローといった地名にワクワクしますね。


まぁ最もワクワクするのはバンコクで間違いないでしょうけど・・・。


22時45分:バンコク・スワンナプーム空港


ビジネスクラスなので、飛行機を降りるのは当然プライオリティーです。


さすがタイ航空のホーム、スワンナプーム空港にはイミグレに近い位置に到着です。


足早にイミグレを目指しますが、いよいよタイ来たな―って感じになりますよね!!


南国の暖かい、そしてどことなく哀愁を誘うこの匂い・・・。


動く歩道のタイ語にも、何となく愛着を感じます。


「ただいま!」


「おかえりなさい!」


と言われているような気がして、うーん、テンション上がりますね。


そしてイミグレに到着するもいつも通り大混雑。


スワンナプームのイミグレはいつも混んでるので、ハイテンションを高めに、
どうも我慢しなければならなくなります。しかし、今回の搭乗はビジネスクラスだったため、
イミグレ向かって右手にある「プライオリティーレーン」を通る事が出来ます。


スタアラゴールドでも通れず、ビジネスクラス以上の利用者に限られているので、
大変希少価値があるとともに、人は全くおりません。


足早にイミグレを通過、預け荷物もありませんので飛行機を降りてから10分程で出口です!


さて、ここからはタクシーにてスクーンビッドにあるホテルを目指します。


「オイ、ドコへイク??」


「スクーンビッド!!」


「ソイは??」


「ソイ18のマイトリアホテル!!


「ワカッタナ!!」


こんな感じでやり取りをし、決められたタクシーに乗車します。


「ソイ18のマイトリアホテルナ!!」


ということで、出発です。


「そう言えば、最近タクシーは定額化されたナ!
オールインで500バーツだから、ヨロシクナ!」


出発すると運ちゃんからの一言。


どうも空港から都心部までは最近タクシー料金が定額化されたとか。
高速道路込で500バーツ・・・メーターなら300バーツくらいじゃないの??


まぁ500バーツでも1500円程度か、いや、本当に定額制なの??


とか色々と気にはなりましたが、どうも定額化された様子です。



モヤモヤ感と騙された感が取れたので良しとしましょう。


バドさん、ありがとうございました!


タクシーは爆速、空港からバンコクを目指し高速道路を東へ。


途中から一般道に入り、市内に入るとここでも爆速、
やがて旧サイアムホテル裏を通り、女の子がズラリ並んでます!!


「ヘェーイ!!どう、買ってくナ??」


思わず誘惑に乗ってしまいそうでしたが、ここは早くホテルへ。


23時30分:Maitria Hotel Sukhumvit 18

(明るいお昼の画像で恐縮です。)


ここは、まりりんのバンコクにおける定宿です!


いつも泊まっている大満足なところですが、興味があればこちらも。
バンコク・アソークの大満足なホテルへ!<その20>


場所、コスパ、清潔さ、部屋の広さや、バスタブがあるところなど、
どれも満足で、なかなか個々以外に新規開拓できていないこの数年です。。。


さて、直接部屋へ向かいます。


「おお、まりりんさん!こんばんは。思ったより早かったですね!!」


ここでドラえもん君の登場です。


ドラえもん君は深圳・マカオ旅にも登場する童貞君です。


今回は童貞を捨てるため?いや、真意は知りませんが、
タイランド初体験のドラえもん君です。


彼は午後着のフライトで先にバンコク入り、
ホテルもチェックインしてもらって部屋で待っててもらいました。


ちなみに部屋はツインで、この日以降はもちろんシングルルームでの手配なのですが、
これはまりりんがこの日には女の子を持ち帰らない!という決意でもあります。


初めてのドラえもん君を不安にさせてはいけないから、今夜だけまりりんも我慢です。


「あれ、遊びに行ってても良かったのに、どこも行ってないの??」


「うーん、ホテルの周りはウロウロしたんですけど、不安なんで部屋で仕事してました!」


わざわざタイに来てまで仕事をやる事もなかろう・・・。さすがの童貞発言。


そんなドラえもん君を連れて、すぐにバンコクの街へ飛び出します。


24時:バンコク・ナナプラザ


まずはお決まりのナナプラザです!!


ドラえもん君は初めて見るナナプラザの厭らしく煌めくネオンと騒音、猥雑さに興奮しております。


「まりりんさーん、本当にこれ、凄いですね!!」


確かに初めてこのナナプラザを見た時の衝撃は凄かったな・・・。


そして、まりりんの前回超お気に入りの子がいた3階のBUBBLESへ急ぎます。


この子だけじゃなくて、この子以外もめっちゃ可愛い子が多くて・・・。


でしたが、


何と、、、、閉まってる。


しかも、時間が遅くてのクローズではなく、潰れてのクローズの様子です。


まぁ前回もあんまり客が多くなかったし、3階は行きにくいから潰れちゃったのか・・・。


「まりりんさん・・・。残念ですね。でも他行きましょうよ!!」


まりりんのちょっぴり沈んだ様子とは裏腹に当然、ドラえもん君は元気です(笑)


これから、ナナの夜を攻めましょうか!!


<続く>


↓ランキングに参加しております↓
 
↓まりりんのTwitterフォローお願いします↓

0 件のコメント :

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...