2016/11/30

初めてバンコクの行動プラン。<その4>

<つづき>

2016年4月某日10時:バンコク・スクーンビッド・Maitria Hotel Sukhumvit 18


昨日は深夜過ぎにナナへチェックイン。


そのまま巡回するも、以前可愛い子が多かったBUBBLESはとうに潰れ、
他のゴゴに行くも、この時間では可愛い子は既にペイバー済みで、
どこに行っても居るのは売れ残りの子か、レディーボーイばかり!!


帰り際に通ったテーメーはそれでも大盛況だったけど、
少し様子を覗き早めにホテルに帰りました。


どうせ今日はドラえもん君とのツインルーム。最初から”あえて持ち帰らない”という算段でした。


焦っても仕方ない、この日はドラえもん君と飲みながら、
ドラえもん君は初めてのバンコク、そしてゴゴに翌日以降の望みを託し早めの就寝です。


ホテルは本日以降も同じMaitria Hotel Sukhumvit 18ですが、
ツインルームから、夜のお持ち帰りに備えてお互いシングルルームに変更です。


事前に手筈をメールでホテル側に伝えておいたので、非常にスムーズ。
荷物を預け、いよいよバンコクの街へ繰り出します。


まずはホテル近くにある屋台で朝カオマンガイです!!
ホテルのソイから一つ西側へ行ったところに、数件の屋台があります。


アローイですね!朝から元気が出ます。


朝食を食べ、散歩にプロンポン駅まで。そこからBTSに乗り目指すはサパーンタクシン駅です!


BTSは朝から大混雑、ただこのBTSの中に充満するタイの雰囲気というか、
インターナショナルな雰囲気、それもトロピカルな空気で覆い尽くされてる感が好きです。


「サタニートパイ、ナナ。」


いやぁータイ語の車内放送、メッチャ良いですね!


サイアムで乗り換え、シロームを抜けのんびりした風景が広がるとサパーンタクシン駅です。


車内の多くの客、それも外国人はほとんどこの駅で降ります。


そう、この駅からはチャオプラヤを船で行く、「チャオプラヤー ・エクスプレスボート」に接続します。


既に観光客でいっぱいです。


まりりん一向も、ここから王宮(ワットプラケオ)を目指します。


しかし、まりりんは王宮やら寺やらに興味はありません。


正確に言えば当然ながら興味はありますが、バンコクの王宮や寺は既に行きましたし、
そこに行くよりも、行きたい所が多く時間がもったいないと感じます。


但し、ドラえもん君は初訪タイ。


「まりりんさん、王宮と寺だけはどうしても行かせてください!!」


以前もこんな感じで番長さんに丸めこまれ、王宮と寺に行く事になりましたが・・・。


関連記事→「バンコクで観光したい、は三日目から口にしなくなりますよ。」


しかし初めての訪タイですから、その要望を断ることも出来ず。


暑くてイヤになることは承知ですが、行かざる終えませんね。


そうは思いつつも、久々に乗る船は非常に気持ち良かったです。


船は観光客で大混雑ですが、前の甲板に陣取ることが出来ました。


チャオプラヤの風を感じつつ、船は北上し王宮を目指します。


そしてサパーンタクシンから船に乗り30分程、降りたのはティアン桟橋です。


ここは桟橋を過ぎるとマーケットのようなものがあるのが目印です。


あと人が多くおりますので分かると思いますよ!
日本人のお嬢ちゃん達もここで下車、ここから王宮を目指すようです。


「チャオプラヤ、クチャーい。。。」


「写真撮ろうよー!!」


バンコクは可愛い大学生のお嬢ちゃんが来るべき街じゃないですね。
彼女らは、夜は一体どうやって過ごしているのだろうか・・・。


そんな事を考えつつ、多くの人でごった返す王宮に到着です。


王宮は多くの観光客、それも大陸観光客が多すぎて本当に嫌気が差します。


中国に来てるのか、チベットにでも来たのか、いやここはタイなのだろうか?
タイにとって観光客は収入の生命線、重要産業に間違いありませんが、
ここまで大陸の人が増えると、それ以外の外国人にとっては魅力半減ですね。。。


王宮も寺も人があんまりいなきゃ、じっくり見たいと思いますが、
ここまで観光客が多いと、何を見に行ってるのか分からなくなりますね。


「まりりんさーん、タイも大陸の人ばっかりですね。」


「俺は暑さと、大陸の人波に疲れたよ。そこで座ってるわ。」


まだ朝も早いのに既にグッタリモード。。。木陰で大陸人民の人間観察です(笑)


土曜日という曜日も悪かったのだろうか。


大陸観光客とともに、タイの人も多いのかなと思ったり。


仏像を見ていると、さっきのティアン桟橋にいたお嬢ちゃん達です。


「ねーねー、ここ凄いね!ハイ、写真撮るよー!!」


大陸観光客の多さに嫌気が差すんですが、日本人女性(に限らないが)の一歩歩くたびに
写真を撮って、移動してまた写真、そして写真・・・。というのはイマイチ理解できません。


王宮や寺を見に行ったのか、王宮や寺にて写真を撮りに行ったのか甚だ疑問です。


そして写真を撮ってるので、その前を通ることも出来ず非常にストレスが溜まりますね!!


「まりりんさーん、暑くて人多くて疲れましたけど、堪能しました。そろそろ行きましょうか!」


ようやくドラえもん君も満足してくれ、王宮と寺を後に街へ向かいます。



そしてドラえもん君のもう一つの要望である「チャイナタウン」へ。


海外のチャイナタウンがどうなっているのか非常に興味があるとの事。


これはまりりんも興味があり、海外のチャイナタウンで話されてる言葉だとか、漢字だとか、


「あー、たぶん福建から来たのかな。」


「広東語のラジオ聞いてるわ!」


そのチャイナタウンのルーツを辿るのは面白いですね!


但しチャイナタウンは人は多いし、広い。


そして王宮からチャイナタウンは30分程掛かるので、歩くとかなりグッタリです。


炎天下の中、香港式のレストランへ入り頼んだのは冷たいミルクティーと、チャーシュー飯です!


正直なところ、香港で食べるそれよりもジューシー感はなく微妙な感じです。


やはり香港で食べるべきもので、わざわざタイに来てチャーシュー飯のチョイスは間違えでした。


とは言え、ここはチャイナタウン。


結構歩いて旨そうで手頃な飯屋とか、屋台を探すべく巡回したのですが、
看板がタイ語オンリーであったり、食べているのを見ると微妙そうなものであったりで、
中々苦労します。ドラえもん君は飯へのこだわりが凄いので、
チャイナタウンの名店を調べて来るべきでした。


13時:チャーシュー飯を食べ、またそこから歩いて20分程、バンコク鉄道駅へ。


ここからは地下鉄が出ているので、ようやく観光と長い散歩は終わりです。


ドラえもん君もだいぶ満足してくれたようで、


「まりりんさん、もう観光と歩きは大丈夫です!」


ようやく諦め付けてくれたようで、非常に助かります!笑


バンコク鉄道駅のフアラポーン駅より、地下鉄で目指すはホワイクワンです。


もちろん行くべきところは、ラチャーダ―のマッサージパーラーです。


BTS→チャオプラヤー ・エクスプレスボート→王宮と寺→チャイナタウン→マッサージパーラー


まりりんが考案した、観光を組み入れつつ、風呂で汗を流すという素晴らしいプランです!!


14時:バンコク・ラチャダー・ナタリーマッサージパーラー


「いらっしゃいませーオニーサン!!」


笑顔溢れる多くのナタリー嬢がまりりんとドラえもん君の視線に飛び込みます!!


さて、疲れて汗もかいたのでひとっ風呂浴びますかね。


<続く>


↓ランキングに参加しております↓
にほんブログ村 大人の生活ブログ 海外ナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
↓まりりんのTwitterフォローお願いします↓

0 件のコメント :

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...