2013/12/28

広東省潮州市のサウナ・夜遊び情報!


深圳・廈門間の高速鉄道が開通へ。華南夜遊びに変化あり!

広東省汕尾市の夜遊び情報を調べてみた。


続きになります。本日28日、厦深高鉄が開通します!!
心より開通をお祈りしております\(^ ^)/


さて、深圳北を出発し、恵州市、汕尾市を抜け、小中都市を挟むと、
深圳-廈門間で最も重要かつ大都市である潮州・汕頭市に入ります。


汕頭市は中国の経済戦略上重要な拠点である経済特区であり、
汕頭市とともに潮州料理、潮州語などの潮州文化に代表される潮州市があります。


汕尾市とともに華僑が多い土地柄で、
まりりんの香港人友達にも潮汕にルーツを持つ者が多くいます。


潮汕出身の華僑と言えば、香港一・アジア一のお金持ちである李嘉誠さんが潮州出身です。
(※李嘉誠とまりりんは友達ではない。友達にはなりたい。)


そんな潮州と汕頭ですが、潮州市と汕頭市の駅である潮汕駅は・・・


あいやー、これまた随分不便なところだな(´Д`;)/
潮州市から約15km、汕頭市は約25kmあるぞ。


奈良にリニアが通るけど、京都としては少しでも京都に近付けて欲しいからって、
奈良の中心部ではなく、奈良と京都の中間付近に駅を設けて、結果両者不便になるようなものか。
(いや、どうなるか知らないですし、僕としては行かないのでどちらでも構いません。)


ただ掲陽市も含め、高速道路の位置を考えると、三市の中間点でうまく妥協したところかな、
という気がしなくもない。潮州・汕頭の中心部に駅となると、結果的に深圳-廈門の時間も伸びるし。


まぁそれにしても日本よりもめちゃくちゃに駅を作ってる感はあるので、
今はイケイケドンドンでいいけど、いずれか不便すぎてで利用者激減とかあるんじゃないか?!



そんなことはさておき、潮州・汕頭の夜遊び事情について調べてみることにしましょう。
まず興味を持ったのが、地球の遊び方に掲載されていた以下の記事から。


引用:地球の遊び方  第2336回 中国潮州にて格安ソープ! by ばす  2013年5月
<省略>広東省潮州市、あまり行く人はいないかと思いますが、 潮州料理で有名な地方都市です。広州からもバスで確か6時間くらい、飛行機だと汕頭市まで飛んで、そこからお隣です。今回行ったのは、とあるホテルの中にある***です。
 まず待合室で待ってると係員に呼び出されて、 20人くらい座ってる部屋をマジックミラー越しに見て選びます。そこから別室に行って、薬草風呂のような風呂で体を洗ってもらい、本番。料金は激安の250元!くらいだったはずです。<省略>

おおっ、なかなか潮州良さそうだぞ、という感じです。
もちろん夜遊びをメインにするには東莞や恵州に敵う都市は無いでしょうけど、
潮州や汕頭は夜遊び抜きでも一度は行ってみたい土地です。


昼は真面目にお勉強観光して、ついでに夜遊びできれば、素晴らしいではないか!!
という視点ですので、夜遊びメインな方は東莞恵州の記事をご覧ください。


さて話を戻しますと、某巨大掲示板でも、ここ数カ月時折潮州の話題が上がってます。
とは言え、書き込みには有力な情報は上がって無くて、まぁ情報が無いんだと思います。


ここは汕頭は置いておいて、Baidu検索で「潮州」にプラスして、
こちらにあるキーワードなんかを入力して調べてみました。


まずエロ・非エロ置いておいて、潮州にはマッサージ・桑拿が多い事!


比較的大きなホテルならサウナが併設しているだろうし、
そういうところには結構な確率で夜遊びも出来るでしょうから、
地道に一つずつ当たって行って、開拓するのも手です。


でも、もう少し突っ込んで調べてみることにした。


そうしたら、以下の書き込みを見つけました。


潮州市金沙海岸桑拿价格~~急急急!!!


「三年前は450元だった。今はどうなの??」


「今も同じだよ!それにオススメは金信、金龙、汇景で、良い!」


というのを発見。キーワード対策からか、エロい単語は見つからずに、
桑拿どうか、ということだけであった。(真面目な桑拿かもしれないが、金額的にそれは無いと思う。


「浅草のちょっと先にある高級な銭湯に行きたいんだけど、
オススメはどこですか?前は3万円だったんだけど。」


っていうのと変わらないだろうと、勝手に都合よく意訳です。


そして金沙海岸桑拿(潮州市湘桥区永安路)ですが、


ここです。金沙海岸桑拿は有力です!!


金沙海岸桑拿を調べると、全套全套ってワードが出てくるし、
それを思わせるキーワードばかりが出てくるので、間違いなさそう。
广东潮州市新洋路金沙海岸桑拿の若干の解説も発見しました。


極めつけは、

この外観です。外観から夜遊びできますよ的なのがかなり醸し出されていると感じますが、
まりりんの感覚はおかしいのでしょうか。中国的夜遊び桑拿臭がプンプンです。


次に、


金信酒店(潮州市湘桥区潮枫路79号)にある金信桑拿です。
ここも検索すると、そういう感じのワードばかりなので、ほぼ確実かなと思います。
KTVもあるし^^;;(KTVと桑拿はセットで夜遊びを提供しているという思い込み。


そして、金龍大酒店(潮州市湘桥区环城南路35号)の金龍桑拿も。


更には汇景度仮村(潮州市湘橋区潮州大道匯景度仮村)です。
ここも桑拿ありのKTV併設だから、間違えないのではと思います。


わかりにくい価格表ですが、これを見ると300~500元、
3年前なのでもう少し上がってるとしても、500元~700元くらいかなと推定されます。


そして酒店有桑拿服务吗?潮州洗浴・养生保健中心にホテル併設のサウナ一覧表があります。
最もセクロス有るか無しかは不明ですが、迷ったらここのサウナから当たってみるのが
確実かなと思います。なんだかんだでたぶん做愛もやってるだろうし^^;;


ただ、具体的な話はネット上からほとんど見つかりませんでした。残念。


次にキーワードを「潮州+红灯区」と入れてみました。


潮州の红灯区と言うと、


潮州の体育館の向かいの裏通りと書いてあったんで、この辺りか。
それにしても体育館の裏、潮州市人民政府の近くという場所にあるものなのか。
今あるかどうか分からないし、ガセネタかもしれないから、現地調査しかない。


更に調べると・・・
「潮州市区夜保健服务会所信息」
あとは、デリバリーの電話派遣のページは見つかりましたけど、
まりりんには高い壁なので、詳しくは省略です。



とりあえずこれくらいで御勘弁下さい^^;;
個人的には具体的桑拿名を調べられたんで、満足です。あとは現地調査のみ!


潮州の感想としては、大型のホテルが多く、またKTVやサウナも併設している
ということで、遊べるんではないかな、というネット上から見た妄想です。

地球の遊び方の感想記があるけど、具体的なホテル名・桑拿が書いてあれば
ばっちりだったんですが、なんとも出すに出せないようなムラムラ感が残る記事です。


当たり前かもしれませんし、改めて思ったのですが、東莞のように大っぴらに
やってるところは中国広しども東莞だけであって、基本的には法律に違反しているということ。
更に中国ですから、そうそう情報はネット上で落ちていないモノだなと思いました。


でもでも、検索では少なくとも汕尾よりも、それっぽいものがヒットする確率が高いです。
それだけ潮州が大都市だからでしょうか。


それにしてもこの手の遊びくらいなら、中国のどこでもやってるでしょうから、
いちいち情報を出さなくても、ホテルに行きの、桑拿に行きので当たり前に有るもので、
これで問題無いんでしょう。


「桑拿?做愛?そんなもんどこにでもあるだろ。」


中国人にとってはこれくらいの印象でしょうし。(とまた勝手に妄想。


でも、当地の中国人はそれで良くても、異国の日本人の言語不自由者が
中国で遊ぶには情報は重要ですから、やはり現地を歩いて、足で情報を稼ぐしかありません。


廈深高鉄を機に、多くの人に行きやすくなるでしょうから、香港を中心に
情報は今後出てくるでしょうし、新しい所を開拓したく、早く行ってみたいと思います!!


潮汕駅より先は福建省に入ります。
廈門の夜遊びなんかも調査してみたいですが、あんまり良い結果も得られそうにありませんので、
厦深高鉄の開通を記念した夜遊び調査はこれくらいにしておきます。笑

<おしまい>

0 件のコメント :

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...