2013/11/26

銅鑼湾を歩くと、切ない青春の頃を思い出す。

<続き>
2013年11月4日10時:ミニホテル セントラルから行動開始。


ミニホテル セントラルから歩いて10分、沾仔記(ティム・チャイ・キー)へ。
店内には日本人(日本語メニュー有り)始め、観光客もチラチラいます。

場所は、


大きな地図で見る

です。便利な場所ですし、分かり易い所なんで是非行ってみて下さい!!


「せっ、めーあー??(何食べる??)」


「わんたんろーみん、やっこ!むごーい!(雲呑汁無し麺、一個お願い。)」


「はいあー!!」


単なる簡単な広東語のやり取りですが、軽快な広東語、大好きです。


沾仔記の雲呑撈麺(ワンタンローミン、ワンタンのつけ麺)、香港に行ったら必ず食べますし、
香港に住んでた時もしょっちゅう行ってました。マイ香港B級グルメの頂点に位置してます。


香港に住んでいた時はどうも野菜不足でしたので、これにオイスターソースがかかった
油菜(茹でた野菜)も付けると、もう幸せです。ぜひ雲呑撈麺と油菜セットで!!


普通の雲呑面(スープ有り)も美味しんだけど、ソースと絡めて食べる撈麺は絶品。
東京の自宅の近所に出来たら、絶対に毎日通うのになー。


沾仔記、この日も大満足で、安い早い美味いのお気に入りです。


詳しくは、

めちゃくちゃ美味い!マカオ・ポルトガル料理と香港雲呑麺。
香港ナビ「沾仔記」
にもありますので、どうぞ。


朝からお腹いっぱい食べたら、どうもムラムラしてきました。


ここは香港、安く手軽に欲望が叶う街です。笑
しかしまだ10時で、さすがの141でも、どこも開いてないでしょう。


HSBC本店に寄って、人民元の余りを入金するという野暮用を済ませ・・・


HSBC前から出てるトラムで、湾仔にある商務印書館(本屋)に寄ってからの・・・


銅鑼湾の市場やSOGO、HysanPlaceやタイムズスクエアといった所へ。


ああ香港を堪能しているな、って感じです。


それよりも思い出巡りみたいな感じです。


香港の女の子と初めてデートに行ったのも銅鑼湾でした。


満記甜品でデザート食べて、誠品書店行って、映画行って・・・。
ビクトリア公園行って、その後に香港中央図書館で一緒に勉強して・・・。


銅鑼湾のあの子は、今でも銅鑼湾に居るのだろうか・・・。
確かにあの子と過ごした、あの子と歩いた時間、この街、銅鑼湾・・・。


その子が幸せに暮らしていれば、それで良いんです。
今となっては知る由もありません。


香港島南で友達とテニスやハイキングをした後に打ち上げはいつもで銅鑼湾で、
調子乗って飲み過ぎて、フラフラになりながら歩いて友情を深めた街も銅鑼湾。


銅鑼湾のバーで朝まで香港や中国を語ったのも、そう遠い昔ではありません。


まりりん、銅鑼湾での思い出が多くて、懐かしくなって泣いちゃいそうです。


香港には好きな街は色々あるけど、銅鑼湾はなんだか切なくなっちゃいますねぇ^^
そんな思い出いっぱいの銅鑼湾、大好きです。


本当に香港に住みたいし、あの頃に戻りたい・・・。
早く今の生活を何とかして、香港に移住しなければ!!


さて、141へ向かいます。

<続く>

0 件のコメント :

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...