2012/06/16

香港生活の始まり。

6月より、研究・勉強のため、香港に住むことになりました。

香港のローカル情報、僕の日々について、
装いを新たにこのブログで綴りたいと思います。

では、さっそく。

--------------

僕が住んでいる街は香港島にある、
北角(North Point,広東語名ではBak kok)に住んでいます。
(ホームステイ!で、ファザーは若くて33歳、しかもガールフレンド(深セン出身、
マンダリンしか話せない。でも勉強になるわ!)と同居してて、これがまたラブラブで気まずい。笑)



ここは、香港島の下町として、街の至る所に市場があり、終日多くの人で
大変な賑わいを見せているところです。

特に有名なのが、市場の中を駆け抜けるトラムです。

こんなところをトラムが駆け抜けるなんて、
全てが混ざったいかにも香港らしい風景です。


豚の解体ショーなんて、そこらじゅうで・・・。


北角は茶餐廰(チャーチャンテン:定食屋のような、喫茶店のような、
弁当屋でもある、街の大衆食堂)が多くて、ここを巡るだけで一年はかかりそうだ^-^


そして、今日は香港中文大學に行ってビザを受け取りに行って来た。

香港中文大学は広すぎて、バスでの移動。

けど、ここの大學、案内に建物の名前しか表示されてなくて、どこへ行けばいいか
全く分からず。(地理学科はここ、とかそういうことが書いてなくて、ただ単に、4号館、
と書かれているだけ。)


結局、2時間歩きまわっても目的地にはたどり着けず、
最後は学生を捕まえて案内してもらったわ。。。^^

友達になったし、良かったんだけどね!!



これから、この大學での日々が思いやられます。笑

【続く】

-------------------------------------------

余談ですが、香港空港でe-Channelに登録しました。
これは、イミグレを指紋認証のみの自動で通過できるもので、
香港在住の人にとっては当たり前のものです。



だって、こんな長い行列、待ってられないっしょw

ちなみに登録には一年で3回以上、香港に香港空港から入国
していなければならなく、誰しもというわけではありません。

詳しくは、
http://hongkong-asia.blogspot.hk/2012/04/blog-post_10.html
を見て下さい。

しかも、以前のFVCと違ってe-channelは、
落馬洲、羅湖、深圳灣、中國客運碼頭、港澳客輪碼頭のイミグレでも使えるらしい。

これは凄いっすね。現地人と変わりない待遇なんて、素晴らしい。

ということで、早速マカオと深センに行く際は、e-channelを使います。

0 件のコメント :

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...