2016/12/13

イサーン料理で有名な”サバイジャイ・ケブタワン”の実力<その6>

<つづき>

2016年4月某日17時:バンコク・スクーンビッド・Maitria Hotel Sukhumvit 18



早速バンコクマッサージパーラーの老舗、日本人にとっては「とりあえずナタリー」
心も身体も、アソコもすっきりさせたまりりん。


人間は我儘なもので、とりあえず性欲が満たされると次は睡眠欲か、食欲です。(笑)



一旦ホテルに帰り若干休憩し、睡眠欲をソコソコ満たし次にあるのは「食欲」です。


まりりんも、そして同行のドラえもん君も食にはうるさいと自負しております。


「まりりんさん、起きましたか??そろそろメシ、行きましょうよ!!」


「じゃあ、予め決めておいたあの店に行きますか。」


ここMaitria Hotel Sukhumvit 18からタクシーで15分程。


バンコクにあるイサーン料理「ガイヤーン」で有名とされる「サバイジャイ・ケブタワン」です。
→詳しくはこちら


「すみません、サバイジャイ・ケブタワンにタクシーで行きたいんですが、
紙にサバイジャイ・ケブタワンをタイ語で書いてくれませんか??」


ホテルのカウンターにいる暇そうなおねーさんに頼みます。


「ああ、サバイジャイ・ケブタワンね!ここは有名よ。日本人も多いゎ!」


「えーっと、これ”สบายใจเก็บตะวัน”これを見せれば大丈夫よ。」


「ありがとう!コップンクラップ!!」


ホテル前にたむろするタクシーを捕まえ、早速メモを。


「ここまでね、メーターで!!」


「クラップ!!」


優しそうな運ちゃんで良かった。
アジアでのタクシーは運ちゃんによって当たり外れがデカく、
毎回非常にストレスになるんだよなぁ・・・。


スクーンビッドは混んでいるものの、エカマイの交差点を左に、
しばらく北上しますが、こりゃあ歩くとキツい距離・・・。タクシーで良かった。


エカマイ交差点から5分程でお目当ての「サバイジャイ・ケブタワン」に到着です。


「ここネ、ベリーファイマスでグッドなガイヤーンだナ!!」


運ちゃんは自信たっぷりに言い放ってくれました。


さて、既に美味しいにおいが・・・行きますか!!


「コープンカー、2人カ??」


「イェス!」


「適当に、そこらへんで大丈夫ナ!」


店内は夕食には少し早い時間であるものの、そこそこ席は埋まっています。
また客層はタイ人よりも、外国人の割合が高く特に日本人はあちこちに。


ゴルフ帰りのオヤジ軍団、家族ずれの駐在員など、何れもタイ暦が長そうな人ばかり。


早速、まりりんらも注文します。


もちろんまずは迷い無くビールとガイヤーンです!!


そう、これ!!ガイヤーンです。


見た目からも非常に美味そうですね。


ソースに付けて、一口で食べそしてビールを流し込み。アローイです!!


但し個人的には、もう少し脂身が有る方が好みですね。
パサパサ、とまでは言いませんがもう少しジューシーさがあれば大満足だったんですが。


しかし、ビールが進む進む。


ガイヤーンに、激ウマなもち米「カオニャオ」を合わせ、
他にも「ラープ」「ソムタム」を注文します。.


これら以外にも色々料理を頼みすぎました。


ついついいつも注文し過ぎてしまいますね。


気が付いたら結構フラフラで、当然お腹いっぱいです。


もう、まりりんは死んでも良い位に幸せです!(笑)


さて性欲→睡眠欲→食欲と来れば、もちろん次は性欲に戻ります。


「お会計で!!」


サバイジャイ・ケブタワンは非常に良かったですが、
もし1人旅のバンコクならきっと行きません。(笑)
ガイヤーンも美味しいのですが、上記の通りもう少しジューシーな感じであればと。


性も、食も追い求める欲望は絶えることがありません。


19時30分:バンコク・サバイジャイ・ケブタワン


「じゃー、ドラえもん君。行きますか!!」


時間は少し早いものの、開店時間と同じくし向かうは”ナナ・エンターテイメントプラザ”です。




タクシーに乗り、サバイジャイ・ケブタワンから15分ほどでナナに到着です!!


少し早いと思いましたが、もうガンガン音楽流れてて、非常に盛り上がってます!!


バンコクに来て良かったなぁ・・・心からそう思える瞬間です。


さて、早速ゴーゴーに行きましょうか!


<つづく>

↓ランキングに参加しております↓
にほんブログ村 大人の生活ブログ 海外ナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
↓まりりんのTwitterフォローお願いします↓

0 件のコメント :

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...