上海リニアモーターカーで空港へ<その9・終章>

<つづき>


2016年1月*日 15時:上海・東方路


亚马逊桑拿会所では相変わらずのホスピタリティーの高さに感動し、堪能したにも関わらず、
飛行機に乗る為の時間が厳しいという理由から、90分を満足に消費することが出来ず、
我々男のほうから時短を申し出てサウナを足早に出たまりりん一向。


15時前後にはサウナを出て、タクシーに飛び乗り空港行きリニアモーターカーの
始発駅である龍陽路駅へ向かいます。


サウナから距離は10キロほど、空いていれば15分もあれば着く距離です。


そのまま空港という選択肢も良かったのですが、
時間が無いのでリニアのほうが早いだろうという計算です。


龍陽路駅から空港までは30キロ程。


リニアなら何と8分で到着します。


タクシーなら早くても30分はかかるでしょうから、
一分一秒を争う中では重要になってきます。


という理由はあるものの、単にリニアモーターカーに乗ってみたいという魂胆もあるのですが。


しかし・・・急いでいる時に限って道は結構な渋滞です。
果たして飛行機に無事間に合うのだろうか、心配です。


15時30分:上海・龍陽路駅


サウナから龍陽路駅まで僅か10キロ程の距離を30分かけてようやく到着です。


ここから空港までは8分なので、どんなに遅くても16時前にはチェックインでき、
何とか17時20分には問題なく乗れそうだなと思うと一安心です。


サウナから空港まで、このルートであれば渋滞込でも1時間と考えると、
次回のサウナ訪問時には余裕を持って対応できそうです。


但しこの龍陽路駅が非常にやっかいでした。


地下鉄の駅は分かるのですが、リニアの駅が見つからない。


サインも無く、リニアがある雰囲気もなく、どうしようかと(笑)


仕方なくその辺をウロウロしている中国公安に聞くも、


「リニア?ああ、あっちだ。」


と指をさされるだけで、よく分からない。


「ここ、この階段登るんだよ。で、左側に進め。」


と一応そういう事を言ってくれているようだが、ただのショッピングセンターの入り口です。


「まぁ、ここって言ってるんなら行ってみようぜ。」


冷静なYuさん。確かにここは日本ではなく中国で、
ショッピングセンターなのにリニア駅という構造でも驚くなかれ。


二階に上るといやしかしただのショッピングセンターです。


但し人の流れが明らかにできており、その流れに沿ってとりあえず向かいます。


そうするとKFCの隣よりショッピングセンターの出口に繋がっており、
駅の反対側に出来る事ができて、何と目の前にリニア駅が現れました。


観光客からすれば動線がメチャメチャで、「本当にココ?」と思うのですが・・・。


さて、切符売り場でE-チケットを提示し、10元割引の40元にてチケットを購入します。


改札を抜けると空港のようなセキュリティーを潜りまずが
相変わらず中国的なザルなセキュリティーを超え、ホームへ。


丁度リニアが到着しており、いよいよ初乗車です!


リニアは高いのでガラガラだと聞いていましたが、意外と人が乗ってます。


席は見ての通りかなりショボい感じです。(笑)


席も固定式で、シートもあまり綺麗な感じではありません。


但し、それよりも430キロの世界が非常に楽しみです。


ガクっと音がして出発するも、非常にスムーズに加速しており速度はどんどん上がってきます。


すぐに200キロを超え、300キロ、そして400キロを超えます。


加速が非常に早く、そして思ったより揺れも少ないです。


車窓からの景色がまたたくまに過ぎて行き、確かに早い。


400キロの世界、凄いです!!但し他多くの客は慣れているようで、
まりりんが少々過熱興奮気味なだけです。


但し400キロになったかと思えば、もうすぐに減速モードへ。


高速道路と並走し、やがて大きな空港が見えてきました。


16時:上海・浦東国際空港


僅か8分で到着し、時速400キロを超える体験が出来非常に面白かったのですが、
なんだか遊園地の乗り物、或いはリニアの体験乗車をしている感じで、
何故か本格的な雰囲気はありませんでした。日本の本格的なリニアに期待です。


さて、上記のように写真を撮っていると日本人団体観光客に会います。


どうやら「リニアに乗れる」という観光の一種に充てられているようで、
まさに観光という性格の方が強いのかもしれません。日本ではリニアは注目されてますしね。


上海中心部からならまだしも、中途半端な龍陽路駅迄なので
早く実用的になって頂きたいと思います。


さて、中国国際航空のカウンターは長蛇の列・・・。
現在16時なので時間的にはまぁセーフなのですが、そこまでの余裕もない。


ですが、係員の人が「東京行きの方はこちら」という案内板を持っていたので助かった!


チェックインし、搭乗券を受け取ると直ぐにイミグレへ。


イミグレも若干混んでおり、特に手際の悪い荷物検査に時間が掛かりますが
その後はスムーズにゲートまで。


搭乗時刻は16時50分となっていますが、
既に搭乗は始まっているようで客はロビーに居ません。


但し時間には余裕があるのか、「早く乗って下さい!」という雰囲気でも無い。


中国国際航空って行きもそうですが、早め早めなんですかね。


さて、飛行機は737-800という真ん中に通路、
サイドに3列3列という飛行機の中でも最も嫌いな部類です。


但し客が多くないのが幸いして、3列でもまりりんとYuさんだけなのでのんびりできました。


定時前の17時過ぎにはデパーチャー。
次の日は会社なので、一刻も早く成田に着いてほしいと願いつつ・・・。


相変わらず不味い燕京ビールを飲みつつ、しばし休息です。


20時10分:東京・成田空港


定刻よりも30分程早く到着です!中国国際航空グッドジョブ。


翌日の会社に備え、足早と家へと帰ります。


今回の上海旅行では、2つのサウナで、2人と戯れました♪


そして初めてのKTVにも行きまして、是非とも次回も通いたいと思えるお店に巡り合えました。


さて、2016年3月はタイランド、そして6月の再度の上海旅行へと続きます。


<おしまい、旅のまとめへ続く>


↓ランキングに参加しております↓
にほんブログ村 大人の生活ブログ 海外ナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
↓まりりんのTwitterフォローお願いします↓

1 件のコメント :

  1. 去年の6月の上海記はいつ書くねん。

    返信削除

人気記事

  • <続き> 21時30分:林森北路・民生東路のHSBC付近。 この付近を中心に、やり手ババアや、エロ名刺を配る輩がおります。 しばらくウロウロしたけど、昨晩のやり手ババアは見当たらず。 若干本気と若干冷やかしのつもりで、歩きます。 「おにーさん、可愛い...

  • <つづき> 2018年2月*日17時:タイ・ラチャダー・ポセイドン 訪タイ十数回のまりりんですが、遊び方はパターン化しています。 ホテルはスクーンビット界隈に泊まり、昼過ぎまでダラダラ。 昼飯食ってラチャダーの風呂屋へ向かいたいていはナタリー...

  • <つづき> 2018年2月*日27時:タイ・ トンロー・ マリオットホテル 昨晩はソイカのシャークでサクっとロングでペイバー。 アジアンビューティーで笑顔が可愛い女の子と昨晩は2戦交え、 朝には3戦目か、と性欲絶える事無きと思っていました。 しかし、ポセ...

  • <続き> やり手ババアに連れられて、林森北路から 台北國宣大飯店 へイン。 既に怪しさがプンプンします。 「ここの2階に部屋取ってるから、そこに行こう。」 もうここまで来たら徹底的に調査してやりますか。 本来の顔見せ場である地下の食堂から 「可...

  • <つづき> 2017年10月**日22時: 極品 桑拿 (澳門英皇娯楽酒店 18階) さて、極品サウナのソファーでゆっくりしこれから品定めを行うまりりんとT君。 このサウナのソファーでのんびりしながら、タダジュースとタダ飯を食いつつ、 だらだら過ごす非日常感が...

  • <つづき> 2017年7月**日16時:ジャカルタ・1001(Seribu Satu Hotel)スパ ジャカルタでも華僑が多く住むという北ジャカルタ、 ジャカルタの上野駅、ジャカルタコタ駅から徒歩10分もかからぬ所に位置する、 白亜の宮殿、 1001(Seribu...

  • <つづき> 2018年1月**日21時30分:ジャカルタ・Pondok Laguna 本日、ジャカルタ到着初日なり。 JWマリオットホテルジャカルタ へチェックイン後、 直ぐに向かったのはアレクシス無き後の最高級サウナ、1001。 ここでは至ってノーマ...

  • <つづき> 2018年1月**日23時:ジャカル タ・クラシックホテル 瀬戸君に連れられやってきたのはジャカルタ・ クラシックホテル 。 エロいクラブがあるという事で、ホテルトラベルと似たようなところだそうな。 厳重に警備された入口を潜ると、先程高級ホテル...

Labels