2013/09/20

カジノ必勝法!!香港尖沙咀、ナッツ・フォード・テラスで学びます。

<前々回からの続き>

マカオ・リスボアカジノで負けて、
お昼前の便で早々と香港へ!!


船の中は、さすがに爆睡・・・。


香港・上環港澳フェリーターミナル着。


まりりんの旅行の目的には、
夜遊びだけしかないと思うかもしれませんが、とんでもございません。
いや、日本でエロしない僕にとって、海外でのエロ旅行は癒しに間違いない!!


ですが、香港周辺にこれだけ来る理由は、何を隠そう、
私、香港に住んでいたからであります。


なので、香港領土内では、夜遊びよりも、
友達(香港人)と会って、飯を食べるほうが、遥かに重要なわけです^^


友達も居て、エロもあって、飯も美味い香港とその周辺が大好きなんです。
友達も居なく、エロもなく、飯も美味しくないどっかの国とは違うんです・・・。笑


油麻地の城景国際酒店に荷物を置いて、スタート。


エロは重要ではない、と言いつつ、時間つぶしにさりげなく
番長さんを141に誘ったものの、乗り気ではないらしい。
やはりマカオで3発はヤったんでは・・・^^


夜、尖沙咀のフェリーターミナル前にある「北京樓」で香港人友人らとディナー。


香港はオンナノコより、遥かに飯でしょ、飯。
ここの北京ダッグは美味くて安くて、文句ありません!!


お決まりの夜景を見つつ・・・


その後も友人らと尖沙咀のナッツ・フォード・テラスへ。


香港政府にて働くE君からカジノ・大小での必勝法のレクチャーを受ける。


「大小では、リスクヘッジを取った賭け方がいいよ。
僕がいつもやっているのは、まず過去の傾向から、
大か小かを予想するのとともに、数字を予測する。
例えば・・・

1・5・3 小
5・6・2 大
5・5・1 大


という場合、まず”5” の数字が多いわけだから、
次も”5”が出ると仮定し、”5”に掛け金を置く。
その場合、リスクヘッジとして、”小”にも同じ額の掛け金を置く。


”5”が出るというのは確率的に”大”が出る可能性が高い。
しかし、もし”5”が出なかった場合、残りは1・2・3・4・6になるので、
”小”になる確率のほうが”大”になるよりも高い。なので、”小”にも賭けておく。


つまり、1・2・3の数字に置く場合は”大”に賭ける。
4・5・6の場合は”小”に賭けて、なるべく損をしない方法を取るのさ。


”5”で”小”の場合でないと勝てないけど、負ける確率も下がる。」


「それなら、例えば常に”3”と”大”、”4”と”小”に
賭ける方が勝つ確率も上がるのでは??
だって、”1”で”大”や”6”で”小”よりも、良いでしょ^^」


「だから、過去の統計を見て、賭けるのを決めるんだよ!!
もし、大大小大小小大で、数字もバラバラだったら、僕はその台では賭けない。
ある程度、規則性のある台を探して、粘り強くプレイするんだ。」


と妙に納得させられてしまいました。
実際にE君は結構勝ってるらしい。
さすが香港人だし、名門香港中文大を出て、香港政府の役人だ。


後日、再びマカオ行くし、早速試してみよー!!


「ところで、マカオどうだった??
というか、まりりんはまた東莞行ったんでしょー??全く、変態だなぁ。」



「リスボアの回遊魚も高くて、ダメだね。東莞も今回はまぁまぁかな。」


「そっかー、相変わらずだね。笑
それなら今度さ、恵州行こうね!あそこも凄いよ。
あと、東京行くからさ、しっかり日本娘抱かせてくれよ!!」


広東省恵州市―――。
深圳の北部に位置し、東莞と隣接している市である。


日本ではほとんどこの名前を聞かず、エロ情報も少ないが、
香港人からは良く耳にする地名である。


東莞と同じような位置付けであり、
そこに東莞と同様、サウナがあるのは想像に難くない。
しかし、新幹線が無く、高速道路も香港からアクセスしにくい。
発展している東莞よりも遅れているイメージだ。


まだあまり人に知られていない天国が残っている・・・?
今後、調査しなくてはなりませんね!!


そして、早く東京に来て欲しいものです。
夜遊びは国境を越えて!!

<続く>

0 件のコメント :

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...