2014/06/05

サラリーマン辞めます!!!その7

<続き>


翌日の会社。


上司に言わなければならない。


「おい、あの案件どうなってる??」


まりりん、仕事に全く身が入らず案件を進めてません。笑


「早くやれよ!終わったら報告してな。」


そんなことを一日中言われ、上司はなんだかイラついている模様。
今日辞めることを告げたら、なんだか火に油を注ぐ感じだ。


それに「会社 辞め方」とかでググると、金曜日の夕方に言うのが鉄板なようだ。


今日は木曜日。


とりあえず、明日金曜日の夕方まで先延ばしすることに作戦を変更。


もちろん、仕事は全く身に入ってませんが、怒られない程度に仕事は進めます。


そして金曜日の夕方。


・・・言えなかった。笑


辞めます!くらい簡単なんだけど、気が弱い人間には難しい。
いや、こんなんで気が弱いとか言ってたら香港で戦えないけど。


そこで、邪道なのは理解しつつも、金曜日の退社後すぐメールで言うことにした。


まだ課長は会社。


「すみません、話したいことがあるので、仕事後に会えませんか?」


直接言うと、きっとロクなことにならないので、
時間をおいてまずは二人で話すことに。


「今日はお疲れ様。おう、何々?仕事終えたら行くよ。」


そう言い、30分後に会うことに。


「まりりん、今日はお疲れ様!話って何??」


「はい、ちょっと込み入った話なので、喫茶店へ行きましょう。」


・・・喫茶店へ。
適度に人がいて、適度にがやがやしてて、なんとなく言いやすい雰囲気だ。


勇気を振り絞り・・・。


「突然で申し訳ないのですが、一身上の都合で辞めさせていただくことになりました。
本当にすみません!!」


「・・・えぇぇ?!?!?!?!突然なんだよ。
とりあえず事情を話してくれないか??」


でも、口が裂けても香港で働くとは言わないことにします。
香港で働くんで辞めますっても、ロクなことにならないのは目に見えているから。笑


適当に理由をでっち上げました。
理由は、親戚の会社を手伝うことにしたとか、そんなのです。
まぁ、作り話なので到底納得はしてくれません。


もちろん、というか嬉しい事に、上司は引き留めてくれます。


「まぁ、ゆっくり考えろよ。その理由なら結論を焦る必要はないんじゃないか??」


「いえ、でももう何があっても変わらない結論なので、辞めます。」


「まぁ、意思は分った。でもおまえは将来を期待されてるし、
部長や役員、みんなに可愛がられてただろ。とりあえずもう一度考えろよ。」


確かに自分で言うのもアレですが、結構可愛がられました^^;
部長とバニーガールのお店いったり、お客さんとキャバクラ行ったり、
それなりに会社の金で楽しい思いはさせて頂きました。


けど、もちろん意思は変わりません。


金曜日の夜はとりあえずそれで帰りましたが、
再びメールを入れることにしました。


「今日はお忙しい中、突然すみませんでした。
ただ意思は100%変わらないので、部長・役員に話を進めて、
退社の手続きをお願いします。」


「意思はわかった。部長と役員に相談させてくれ。」


とのことです。


そして、週明け月曜日。


「まりりん、ちょっと外へ行くか。」


朝一で部長に呼び出されました。笑


月曜朝一は会議やらかなり忙しいはずですが、
そんなことはさておき、呼び出されたわけです。


これ、やべえええぇぇな。


<続く>

0 件のコメント :

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...