2014/05/25

日本でのサラリーマンを辞め、香港へ!-その1-


こんにちは、いつも親愛なる読者の皆様には感謝しております。


既にご存知の方も多いと思いますが、
日本でのサラリーマン生活を辞めて、現在は香港で働いております。


その事については、既に多くの読者様はご存じだとは思うのですが、
それまでの経緯や、或いはこれからについて、自分の備忘録という面もあるのですが、
しっかりと記録しようと思い、記事にさせて頂きたいと思います。


なぜ、香港へ行くのか・・・。どうして、香港で就職しようと思ったのか・・・。


そんなことを振り返りつつも、まりりんという人間に興味を持って頂ければ幸いです。笑


まずきっかけの一つとして、学生時代に香港に留学に行きました。


なぜ香港に行ったのかと言うと、


香港が大好きだったからです。笑


なぜ、香港を好きになったかと言えば、
→①初香港・初マカオ、そして初サウナ・・・を行く旅。
こちらの旅行記が初めて香港に行った時のものですが、
それ以来、香港を好きになってしまったというわけです。


もちろん、初めての海外旅行が香港ではなく、アジア・ヨーロッパー・アメリカ
はじめ、まりりんは同い年と比べると、多くの海外の地を踏んできたと思ってます。


様々な場所に行った中で、「香港こそが俺の居場所。」と感じたのです。


その留学ですが、人生で一番楽しい時間だったし、成長を感じたときでした。


エロももちろん笑 なんですが、様々な人が行き交い、西と東の文化が混じり合い、
そこで多くの人、或いは街が力強く、活気ある生き方をしている。


そんな中に身を置くと、当然頑張らなければならないところ、
或いは苦労するところが多いわけですが、それは自分自身を伸ばすものでした。


それが、非常に心地良かった。
多くの仲間と、困難があっても、それを乗り越え、吸収し、大きくなってゆく快感。


まりりん、決して向上心がある人間ではありませんが、


「今後も香港で、自分を成長させたい。」


と留学の際に強く近い、香港に戻る日々を模索していました。


しかし、24歳新卒に香港に行ける仕事はなかなかありませんでした。


世の中は、厳しい。
日本にだって、(良い)仕事のパイは少なく、奪い合いなわけです。


某公務員も受けて、面接まで行きました。


しかし、その時に、

「おまえは香港に行って良い経験をしている。
日本で公務員をするのはもったいなくないか?香港に行きたくないのか?」


それは落とされる運命にあるのですが、
この時の言葉、結構ずっしり来たものです。だって、正しいのだから。


それでも、香港に簡単に行けるはずはなく結局、
日本の某会社に就職してサラリーマンをすることになったのです。


別に、それ事態に不満があるわけではありませんでした。


世の中からみれば、まぁそこそこの会社なわけだし、給料は安くても、
それなりにかりがいはあった。と思う。笑


でも、まりりんはそれでは人生満足できなかったわけです。


やはり、「香港に行きたくないのか?それで人生に未練は感じないのか?」


そんな思いでいっぱいでした。


常に、「機会があれば香港へ!」と思い続けて数カ月・・・。


やがて11月ごろ、香港に行けるチャンスが巡ってきたのです!!

<続く>

0 件のコメント :

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...