タイ・コンケーン到着、日本語を勉強する可愛いタイ人学生。

<続き>

27日時30分:香港国際空港。カジノに負けて、しょんぼりです。



香港発タイ・バンコク行き!
定刻通りデパーチャー。


旧正月中とあってか、機内は満席です。
通路側の席に座り、ひたすら眠る・・・。



9時30分:前日のカジノで負けた精神的な疲れと、寝ずにカジノをしていた
肉体的な疲れがあり、気が付いたらバンコク空港に到着です。



タイ航空の乗り継ぎカウンターに行くも、
コンケン行きのカウンターは別の窓口だそう。


チェンマイやプーケットはそこで発券できるのに!



迷った挙句、よくわからないで、いったん入国、
そして出発カウンターで発券してもらい、再度エアサイドへ。



搭乗口の前まで来ましたが、結構混んでます



11時:バンコク発コンケン行きへ搭乗開始。
A330で大きい機材ですが、満席です。
タイは華僑も多いので、旧正月も関係しているんだろうか。


一番前のビジネス席では、お坊さんとともに、大きな仏像様が座っています。
仏像様は一席利用しており、さすが、仏像様!と思いつつ、
貧乏まりりんは、いつものエコノミーへ。これで十分です。



12時:一時間ほどでコンケンに到着。


お世話になってる我が大学のT教授、今回お世話になる
コンケン大学Y教授が迎えに来てくれておりました。
さっそく英語、英語、英語で早くもノイローゼです。


車で市内へ。コンケンの街は小さく非常にシンプルです。
東西と南北に貫く国道と、市街を取り囲む環状道路の中に街が立地し、
空港も環状道路の中にあり、市内から非常に近い。


空港から10分ほどで今回のメインであるコンケン大学に到着です。



その前の食堂で東北タイの名物料理、ガイヤーンを食べます。
まじで、美味いです。美味すぎる。




14時:食事後、宿に行へ。
宿はコンケン大学の中に取って頂いた大学のゲストハウスです。
一泊600バーツ朝食付きで安い!!


荷物を置いてすぐに、コンケンを歩きます。
コンケン郊外の農村をゆく。


ライスフィールド、サトウキビ畑、養魚場などを見る。
どうやら先の洪水でここらへんも例年以上に氾濫したそうだ。 




17時:Y教授の研究室で。奥さんとご対面。
奥さんは医学部教授だそうな・・・。


どれだけ、優秀な一家やねん。


そして今日は日本語学科の年に一度の発表会、
「南総里見八犬伝」があるということで、招待頂いた。


入口には、着物や衣装を着た多くのスワーイな女の子がたくさん!!
「こんにちは~!」と声をかけられるのも日本語学科ならではですね^^
めっちゃ可愛い~!!教授さえ居なきゃ、口説きたいです。 




18時30分:「南総里見八犬伝」開始です。


私は教養が無いので、この物語の詳しい内容をよく知らないんです^^


味深く聞いていましが、当たり前ですが
日本語があまり上手でないため、聞き取りずらい。


それでも良くこれだけ日本語を覚えたと思う。
なんと上映時間は2時間にも及び、やる方も聞く方も
これは相当大変ではないのかな、と思います・・・。


それよりも可愛い!!
日本語も出来るし、まじで友達になりたし。


上映終了。
そして、今回お世話になるもう一人の先生、S准教授と会う。



S准教授にホテルまで送ってもらう。
夜は先生が買ってくれたチャーシューのチャイナ弁当を食べる。
しかも2つも買ってくれました^^ おなかいっぱいです。


0時前には就寝

<続く>

0 件のコメント :

コメントを投稿

人気記事

  • <続き> 21時30分:林森北路・民生東路のHSBC付近。 この付近を中心に、やり手ババアや、エロ名刺を配る輩がおります。 しばらくウロウロしたけど、昨晩のやり手ババアは見当たらず。 若干本気と若干冷やかしのつもりで、歩きます。 「おにーさん、可愛い...

  • <つづき> 2018年2月*日17時:タイ・ラチャダー・ポセイドン 訪タイ十数回のまりりんですが、遊び方はパターン化しています。 ホテルはスクーンビット界隈に泊まり、昼過ぎまでダラダラ。 昼飯食ってラチャダーの風呂屋へ向かいたいていはナタリー...

  • <つづき> 2018年2月*日27時:タイ・ トンロー・ マリオットホテル 昨晩はソイカのシャークでサクっとロングでペイバー。 アジアンビューティーで笑顔が可愛い女の子と昨晩は2戦交え、 朝には3戦目か、と性欲絶える事無きと思っていました。 しかし、ポセ...

  • <続き> やり手ババアに連れられて、林森北路から 台北國宣大飯店 へイン。 既に怪しさがプンプンします。 「ここの2階に部屋取ってるから、そこに行こう。」 もうここまで来たら徹底的に調査してやりますか。 本来の顔見せ場である地下の食堂から 「可...

  • <つづき> 2017年7月**日16時:ジャカルタ・1001(Seribu Satu Hotel)スパ ジャカルタでも華僑が多く住むという北ジャカルタ、 ジャカルタの上野駅、ジャカルタコタ駅から徒歩10分もかからぬ所に位置する、 白亜の宮殿、 1001(Seribu...

  • <つづき> 2017年10月**日22時: 極品 桑拿 (澳門英皇娯楽酒店 18階) さて、極品サウナのソファーでゆっくりしこれから品定めを行うまりりんとT君。 このサウナのソファーでのんびりしながら、タダジュースとタダ飯を食いつつ、 だらだら過ごす非日常感が...

  • <つづき> 2018年1月**日23時:ジャカル タ・クラシックホテル 瀬戸君に連れられやってきたのはジャカルタ・ クラシックホテル 。 エロいクラブがあるという事で、ホテルトラベルと似たようなところだそうな。 厳重に警備された入口を潜ると、先程高級ホテル...

  • <つづき> 2018年1月**日21時30分:ジャカルタ・Pondok Laguna 本日、ジャカルタ到着初日なり。 JWマリオットホテルジャカルタ へチェックイン後、 直ぐに向かったのはアレクシス無き後の最高級サウナ、1001。 ここでは至ってノーマ...

Labels