タイ、コンケーンからバスでバンコクへ。

<前回からの続き>

2012年:1月*日タイ・コンケーン。


30日:8時に起きました。
S教授と大学の事務人が迎えに来てくれて大学まで送ってくれる。


S教授とコンケン大学を歩く。
ほかの大学のキャンパスを歩くのはいいね。
コンケン大学は国立大学らしく非常に大きくて、
敷地に余裕を持った贅沢な作りをしている。


そして構内は多くの学生がいるが、
制服を着ている人と着ていない人がいる。


趣味の問題かと思いきや、制服を着た人は授業がある人、
制服を着ていない人は授業がない人らしい。


大学になってまで制服、と思うが、非常に美しい・・・。


特に女の子の制服姿は可愛すぎます。
教授居なきゃ、声掛けてたー。


10時30分:コンケーン大学を出発、
15分ほどでコンケーンの中心部にあるパスセンターに到着した。
バスセンターの待合室で先生ととりあえずの別れ。
明日バンコクで再び会いますが!

待合室もしっかりした作りで、かなり快適です。


それもそのはずで、これは高級バス会社専用の待合室です。
時間になると受付が始まりバスに搭乗する。飛行機に乗るような感じだ。

バスはファーストクラスの高級車!
とても豪華で、日本でも乗ったことがない素晴らしいバスだ。


2+1の作りで、席の前には液晶(映画やゲームができるもの)も付いている。

11時30分:定刻通りデパーチャー。
バスは定刻通りに出発すると、何と美人なバスガイド。


かなりスワーイです!!


すぐに水とお菓子と食事を配る。
食後のコーヒーも欠かさずに。
さながら飛行機だ。飛行機よりも待遇は良いかもしれない!


なんといってもこの席が素晴らしい。
マッサージ機能付き自動リクライニングですから。


いつもエコノミーしか乗れない身分にはたまりません!
市内を離れ、主要国道をバンコクに向かう。
片側2~3車線が続き、舗装状態は良くないものの、全然問題ない。


沿道には大型のスーパー等がたまに見られ、日本と全く変わらない、
よりか日本より道路状況(車線が多い)が良いということで、発展しているように思える。


ただ、道路の密度とか考えると日本のほうが
圧倒的に上なんだろうが、ここは新興国。
まだ未開発のフロンティアに高速道路や
鉄道、街を作れる可能性が広がっている。


タイの可能性は無限大ですね!


一方で、私はゲームに夢中、
なんとsimcityがあるのだ、しかも日本語バージョン。
誰もやらない、やれないだろうな、これ。


タイを開発するかのよう、フロンティア精神で開発!


16時:バンコク北バスターミナルに到着。
6時間かけてコンケンからバンコクに到着したが、
それほど長い時間かかったようには思えなかった。


Simcityの効果か。いや、スッチー効果ですね。


歩いて駅に向かおうと思ったが、重い荷物を
しょっての移動は大変であると思ったため、
タクシーにて移動。高速道路に乗りバンコク
の高層ビル街を眺める。非常に都会だ。


車も増えてきて、渋滞にはまる。
ナナの出口で混んでいるらしい。


なんと、この渋滞の原因は、車線不足である。
というのも、通常片側3車線ずつ割り振られるべき道路が、なんと片側5車線と1車線。
そりゃ、1車線しかないところに突っ込むんだから、混むよなぁ。


17時:40分ほどタクシーに乗っただろうか、
しかしわずか150バーツ、
450円未満でオークウッド・アパートメントホテルに到着。


BTSアソック、地下鉄スクンビット駅から歩いて5分で、
ホテルは綺麗で大満足です。


さて、夜遊び開始です!!


<続く>

0 件のコメント :

コメントを投稿

人気記事

  • <続き> 21時30分:林森北路・民生東路のHSBC付近。 この付近を中心に、やり手ババアや、エロ名刺を配る輩がおります。 しばらくウロウロしたけど、昨晩のやり手ババアは見当たらず。 若干本気と若干冷やかしのつもりで、歩きます。 「おにーさん、可愛い...

  • <つづき> 2018年2月*日17時:タイ・ラチャダー・ポセイドン 訪タイ十数回のまりりんですが、遊び方はパターン化しています。 ホテルはスクーンビット界隈に泊まり、昼過ぎまでダラダラ。 昼飯食ってラチャダーの風呂屋へ向かいたいていはナタリー...

  • <つづき> 2018年2月*日27時:タイ・ トンロー・ マリオットホテル 昨晩はソイカのシャークでサクっとロングでペイバー。 アジアンビューティーで笑顔が可愛い女の子と昨晩は2戦交え、 朝には3戦目か、と性欲絶える事無きと思っていました。 しかし、ポセ...

  • <続き> やり手ババアに連れられて、林森北路から 台北國宣大飯店 へイン。 既に怪しさがプンプンします。 「ここの2階に部屋取ってるから、そこに行こう。」 もうここまで来たら徹底的に調査してやりますか。 本来の顔見せ場である地下の食堂から 「可...

  • <つづき> 2017年7月**日16時:ジャカルタ・1001(Seribu Satu Hotel)スパ ジャカルタでも華僑が多く住むという北ジャカルタ、 ジャカルタの上野駅、ジャカルタコタ駅から徒歩10分もかからぬ所に位置する、 白亜の宮殿、 1001(Seribu...

  • <つづき> 2017年10月**日22時: 極品 桑拿 (澳門英皇娯楽酒店 18階) さて、極品サウナのソファーでゆっくりしこれから品定めを行うまりりんとT君。 このサウナのソファーでのんびりしながら、タダジュースとタダ飯を食いつつ、 だらだら過ごす非日常感が...

  • <つづき> 2018年1月**日23時:ジャカル タ・クラシックホテル 瀬戸君に連れられやってきたのはジャカルタ・ クラシックホテル 。 エロいクラブがあるという事で、ホテルトラベルと似たようなところだそうな。 厳重に警備された入口を潜ると、先程高級ホテル...

  • <つづき> 2018年1月**日21時30分:ジャカルタ・Pondok Laguna 本日、ジャカルタ到着初日なり。 JWマリオットホテルジャカルタ へチェックイン後、 直ぐに向かったのはアレクシス無き後の最高級サウナ、1001。 ここでは至ってノーマ...

Labels